日本政策金融公庫(国民生活金融公庫)、制度融資(信用保証協会付融資)等の公的融資支援、資金調達、事業計画書なら、行政書士法人WITHNESS

HOME » 資金調達のあれこれ » ファクタリングの審査基準と利用しやすい業界とは?

ファクタリングの審査基準と利用しやすい業界とは?

ファクタリングとは、企業の売掛債権を買い取り、自己の危険において代金回収を行うことを指します。

つまり、企業の持つ売掛金や受取手形などの売掛債権をファクタリング会社へ手数料を支払って売却し、本来は企業が行う債権の回収業務をファクタリング会社が行うのです。

ファクタリングを行う場合の審査基準と利用しやすい業界についてまとめました。

ファクタリングの審査基準とは?

取引先の信用

ファクタリングは、売掛債権を利用して資金調達をする手段です。

そのため、取引先が期日までに、ちゃんと入金してくれる会社かどうかが大きな問題になります。

ファクタリング会社の側からすれば、取引先が倒産したり、期日通りに売掛債権が回収できなければ、大きな損害になるでしょう。

取引先の信用を判断する情報としては、次のものが考えられます。

  • 法人信用情報
  • 利益額・利益率・フリーキャッシュフロー
  • 借入件数
  • 借入の返済履歴
  • 自己資本比率 等

入金までの日数

先述の通り、売掛債権そのものがファクタリングにおいては重要です。

そのため、売掛債権の譲渡金を支払ってから、実際に売掛債権分の資金が入金されるまでの日数が短ければ短いほど、安全性の高い取引ができると考えられます。故に、入金までの日数があまりに長い場合、ファクタリングの審査においてはマイナスでしょう。

自社の信用

日本で主流となっているファクタリングは、2社間ファクタリングです。

これは、「売掛債権を有する取引先→ファクタリング利用会社(自社)→ファクタリング会社」という流れで資金が入金されるファクタリングです。

ファクタリング会社にとっては、ファクタリング利用会社に売掛債権分の資金が入金された直後に倒産してしまう、という事態は最も避けたいものでしょう。

そのため、取引先だけではなく、ファクタリング利用会社=自社の信用もしっかりチェックしています。次の項目は特にチェックされるので、注意してください。

  • ファクタリングで調達した資金の使途
  • 資金繰り・フリーキャッシュフローの状況
  • 他社借入件数・返済履歴
  • 税金の滞納の有無

また、データで見えるものではないのですが、経営者・担当者の人柄も案外チェックされているものです。丁寧な対応を心掛けましょう。

譲渡登記

売掛債権の譲渡登記ができるかどうかもチェックポイントとなります。

これができれば、ファクタリング会社は第三者対抗要件を得られるためです。譲渡登記ができれば、審査においてはかなりプラスになります。

ファクタリングを利用しやすい業界とは?

一言でいえば、「売上に占める売掛債権の割合が大きく、回収までに時間のかかる業界」です。具体例を見てみましょう。

介護・医療業界

介護・医療業界における診療・介護・調剤報酬は、請求してから入金されるまでに2か月近くかかります。

入金までの期間を短縮し、その間の人件費や物品購入費に充てる目的でファクタリングを利用するのが有効な手段です。

また、これらの業界の場合、回収できないリスクが他の業界に比べると低いため、ファクタリング手数料が非常に安くなっています。

ゼネコン・建設業界

ゼネコン・建設業界の場合、一つ一つの案件の金額が大きく、入金までに時間がかかるのが大きな特徴です。

また、天候が悪ければ工事自体が進まず、売上も上がらない可能性もあります。

そのため、売掛金も回収できず、資金繰りが悪化するケースも少なくありません。ファクタリングを用いて売掛金を現金化しておけば、資金繰りにはプラスです。

IT業界

ゼネコン・建設業界と似た事情で、IT業界にもファクタリングは向いています。

プロジェクトの進行次第では、予定の納期に納品できなかったため、入金が遅れて資金繰りがショートするケースもあるのです。

また、特に創業間もない企業の場合、人件費・広告費などとにかく出費が相次ぎます。

そのため、手元に資金が1円でも多くあるのに越したことはありません。ファクタリングを効果的に用いて、資金に余裕を持たすのは有効な手段でしょう。

アパレル業界

資金繰りが悪化するリスクと隣り合わせ、という意味でファクタリングを活用すべきなのが、アパレル業界です。

商品の仕入れから販売まで時間がかかるため、実際の経営状況は悪くなくても、一時的に資金繰りが悪化する可能性もあります。

資金繰りが悪化してしまった後では、その後の信用にも関わるので、防止する手段としてファクタリングの活用を考えるべきです。

まとめ

ファクタリングの審査基準と利用しやすい業界について解説しました。ここまでの内容をまとめましょう。

  • ファクタリングは売掛債権を用いて資金調達を行う手段であるため、取引先と自社(ファクタリング利用会社)の信用が前提となる。
  • さらに、売掛債権の譲渡登記ができれば、ファクタリング会社にとっても有利なため、審査においてもプラスとなる。
  • ファクタリングは、売上に占める売掛債権の割合が大きく、回収までに時間がかかる業界に向いている。

基本的な性質をしっかり押さえ、適切なタイミングで利用しましょう。

スポンサードリンク

銀行融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」をご存知ですか?

「売掛金」がある方のための新しい資金調達方法で、銀行返済の条件変更中(リスケジュール)でも赤字決算、債務超過でも、担保不動産、保証人がなくても利用可能です。 利用条件は2つ。
  • 事業資金専用のサービスであること(生活費や教育ローンには利用できません。)
  • 100万円以上の売掛金が必要であること
売掛金をお持ちで急な事業資金を調達する場合はこちら(まずは10秒カンタン無料診断)
 

※資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。

事業計画書作成でお悩みのあなたへ

実際に融資のおりた事業計画書例25パック実際に融資のおりた事業計画書例25パック

当パックは、実際に日本政策金融公庫や制度融資(信用保証協会付融資)から融資がおりた事業計画書25例を同封しております。

「どのような事業計画書を作成すれば良いかわからない」
「事業計画書を作成したことがない」

これから日本政策金融公庫融資や信用保証協会付融資をお考えの方のお役に立てれば幸いです。

法人経営者・個人事業主向け民間ローンなら

事業者向けローンなら公共機関に並ぶ安心感のオリックスVIPローンカードBUSINESSを検討しましょう。

急な資金需要にお応えする最短即日審査というスピード力や用途に応じて最大500万まで対応可能な契約コース、業界トップクラスの低金利6.0~17.8%による借入が可能になります。

事業者向けのカードローンであるビジネスローンは非常に使いやすく、手軽に融資を受けることができる方法として近年広まっています。

ビジネスローンの主なメリットは、「銀行融資に比べて審査通過率が高い」「無担保・保証人なし」「ATMでいつでもどこでも借入可」「数日で借りれる」といったものがあります。

一方で銀行融資はしっかりとした目的(新規事業や設備投資、仕入れ、つなぎ融資など)がないと融資が下りることはありません。銀行融資と比較しながらビジネスローンのメリットと審査を通すポイントにフォーカスし、融資をうまく活用してより事業を繁栄させるための一歩を踏み出しましょう。

少人数私募債発行を契機に2,000万円の融資を引き出した話

少人数私募債発行を契機に2,000万円の融資を引き出した話資金調達は何も銀行融資や日本政策金融公庫融資だけではありません。直接金融と呼ばれる少人数私募債の発行によっても可能なのです。実はウチのお客様で私募債発行の実績を認められて2,000万円の融資を低利で借入出来たケースもございます。

詳しくはこちら → 私募債活用で金融機関の信用を得て2,000万円の融資を引き出した会社
ページの先頭へ

事務所・プロフィール写真

行政書士法人 Withness(ウィズネス)
代表者 代表社員 行政書士 渡邉 徳人
所在地 〒862-0971 熊本県熊本市新大江1丁目7-45
    (ハローワーク前/駐車場あり)
MAIL:info@1-kigyou.com
営業時間 10時~18時まで 土日祝日休み

powered by 行政書士アシストブログ