日本政策金融公庫(国民生活金融公庫)、制度融資(信用保証協会付融資)等の公的融資支援、資金調達、事業計画書なら、行政書士法人WITHNESS

商工ローンとは?

商工ローンとは法人向けの金融商品の総称で、法人版の消費者金融商品のことを指します。

商工ローンのメリットとデメリットを比較することで、最適な金融商品を利用することができます。商工ローンについての理解を深めるために、融資の仕組みを知っておくと良いでしょう。

商工ローンはノンバンク系金融機関からの融資になるため、銀行のように審査基準が厳しくはありません。一時的な事業資金を得たいと思うものの、すでに銀行からの融資を受けていて、追加融資の審査に通らなかった場合には、商工ローンを利用することになるケースが見られます。

この商工ローンのメリットの一つは、担保不要で借りることができることです。事業資金をどうしても確保する必要がある場合には、担保不要で即日融資を受けることができる場合も多く、資金繰りが厳しくなった場合に活用することができる金融商品です。

融資額は事業規模に左右されますが、比較的希望に合わせた融資を受けることができるのも商工ローンの特徴と言えるでしょう。

商工ローンは審査が比較的簡単に通り、即日融資も可能なことから、手軽に利用できる金融商品です。個人向けのカードローン同様、カードですぐに融資を受けることもできるため、気軽に利用しやすいという特徴もあります。

返済プランさえしっかりと確保しておくなら、取り立てを心配する必要はありません。

また、個人向けの消費者金融商品との違いに、連帯保証人を付ける必要があるという点があります。商工ローンで連帯保証人を付ける場合には、出来るだけ他に知られないようにすることも大切です。

すでに銀行からの融資を受けている場合に、商工ローンからの借り入れがあることが明るみに出ると、融資を打ち切られる可能性があるからです。

さらに利用する際に注意したいのは、連帯保証人の付帯に加えて、金利が高いことです。

貸金業法の改正により、グレーゾーン金利が無くなったことで、かつてのような取り立てに苦しむリスクは小さくなったものの、銀行からの融資と比較すると金利がかなり高いため、借り入れをするには注意が必要です。

よって商工ローンを利用する場合には、どうしても運転資金を確保したい場合など、最終的な手段として利用すること。

そしてきちんと返済見込みがある事業計画、資金繰り計画を立てておくこと。目先の資金繰りの苦しさで後先のことを考えずただただ安易な道を選択すると、目先の問題を回避できたようでも最終的に自分の首を絞めることになりかねません。

かつてに比べると、商工ローンは影を潜めつつある商品ですが、近年は金利が低く気軽に利用できるものも登場しています。

カードローンの中には、法人向けに与信枠を多く設定した商品も開発されています。

利用する際にはキャッシュフローをよく考えて、最低限の必要資金を確保するためのツールとして活用することをお勧めします。

あくまでも基本は、1%〜3%程度の金利で融資を受けられる日本政策金融公庫か制度融資、それでも厳しい場合は銀行カードローン、商工ローンとなります。

見た目の利率が低いように設定されている銀行ローンも、最終的に契約してみると15%程度に結局落ち着くということも少なくありません。

当然ですが、信用力が高ければ金利は低く抑えられますが、信用力が低い場合には金利はどうしても高くなってしまいます。

くれぐれも資金調達の際には冷静な判断の下、借入をするようにしましょう。

銀行融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」をご存知ですか?

「売掛金」がある方のための新しい資金調達方法で、銀行返済の条件変更中(リスケジュール)でも赤字決算、債務超過でも、担保不動産、保証人がなくても利用可能です。 利用条件は2つ。
  • 事業資金専用のサービスであること(生活費や教育ローンには利用できません。)
  • 100万円以上の売掛金が必要であること
売掛金をお持ちで急な事業資金を調達する場合はこちら(まずは10秒カンタン無料診断)
 

※資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。

法人経営者・個人事業主向け民間ローンなら

事業者向けローンなら公共機関に並ぶ安心感のオリックスVIPローンカードBUSINESSを検討しましょう。

急な資金需要にお応えする最短即日審査というスピード力や用途に応じて最大500万まで対応可能な契約コース、業界トップクラスの低金利6.0~17.8%による借入が可能になります。

事業者向けのカードローンであるビジネスローンは非常に使いやすく、手軽に融資を受けることができる方法として近年広まっています。

ビジネスローンの主なメリットは、「銀行融資に比べて審査通過率が高い」「無担保・保証人なし」「ATMでいつでもどこでも借入可」「数日で借りれる」といったものがあります。

一方で銀行融資はしっかりとした目的(新規事業や設備投資、仕入れ、つなぎ融資など)がないと融資が下りることはありません。銀行融資と比較しながらビジネスローンのメリットと審査を通すポイントにフォーカスし、融資をうまく活用してより事業を繁栄させるための一歩を踏み出しましょう。

事業計画書作成でお悩みのあなたへ

実際に融資のおりた事業計画書例25パック実際に融資のおりた事業計画書例25パック

当パックは、実際に日本政策金融公庫や制度融資(信用保証協会付融資)から融資がおりた事業計画書25例を同封しております。

「どのような事業計画書を作成すれば良いかわからない」
「事業計画書を作成したことがない」

これから日本政策金融公庫融資や信用保証協会付融資をお考えの方のお役に立てれば幸いです。

少人数私募債発行を契機に2,000万円の融資を引き出した話

少人数私募債発行を契機に2,000万円の融資を引き出した話資金調達は何も銀行融資や日本政策金融公庫融資だけではありません。直接金融と呼ばれる少人数私募債の発行によっても可能なのです。実はウチのお客様で私募債発行の実績を認められて2,000万円の融資を低利で借入出来たケースもございます。

詳しくはこちら → 私募債活用で金融機関の信用を得て2,000万円の融資を引き出した会社
ページの先頭へ

事務所・プロフィール写真

行政書士法人 Withness(ウィズネス)
代表者 代表社員 行政書士 渡邉 徳人
所在地 〒862-0971 熊本県熊本市新大江1丁目7-45
    (ハローワーク前/駐車場あり)
MAIL:info@1-kigyou.com
営業時間 10時~18時まで 土日祝日休み

powered by 行政書士アシストブログ