日本政策金融公庫(国民生活金融公庫)、制度融資(信用保証協会付融資)等の公的融資支援、資金調達、事業計画書なら、行政書士法人WITHNESS

日本政策金融公庫融資支援ドットコム > 用語集 > ベンチャーキャピタルとは?

ベンチャーキャピタルとは?

ベンチャーキャピタルとは、今後成長が見込まれる企業に対して積極的かつ戦略的に投資を行なう投資会社のことを指しています。

ベンチャーキャピタルの投資先となるのは未上場企業などのベンチャー企業で、自社株と引き換えに積極的に融資を行ないます。

ベンチャーキャピタルは投資先のファンドを引き受けることで、投資先の業績に応じた株価の上昇に伴う収益を得ることができます。

そのため、投資先の株価を上げるために様々なサポートを行ない、企業の成長戦略の立案などにも関わうのです。

ベンチャー企業にとって生命線となるのが、企業活動を維持する資金の確保です。億単位の資金を調達するには信用力が必要で、銀行からの融資を受けられないことも珍しくありません。

中には数十億円単位の資金を調達したいと願う企業もありますが、信用力の低い企業の場合、融資を受けることは非常に困難を極めます。

しかし企業活動を支援し、有力な企業に成長させることで、そこから利益を引き出すという出資の考え方がアメリカで生まれました。

それがベンチャーキャピタルのもととなるもので、日本でもベンチャーキャピタルの設立が相次ぎ、かつてに比べて利用できる機会が広がりました。

このベンチャーキャピタルによる投資を受けるためには、投資先としてふさわしいと判断される必要があります。

そのために必要になるのが、事業計画です。

どんな事業でも、先行きが不透明であれば投資は無意味なことになるため、融資を受けることはまずできません。

どのような商品開発を行ない、どのようにマーケティング戦略を確立し、自社の業績を伸ばしていくかを明らかにする必要があります。

ベンチャーキャピタルは企業側の事業計画を精査して、融資を行なうかどうかを判断します。

そして融資を受けるためのカギを握るのが、適切な事業計画です。

ベンチャーキャピタルは少額投資を得意とするシードアクセラレーター系、起業家をバックアップすることに長けている独立系、すでに取引のある企業に対して投資を行なう事業会社系、銀行や証券会社系列のベンチャーキャピタル、国の政策で実施される政府系ベンチャーキャピタルが存在します。

それぞれにメリットとデメリットがありますが、事業規模や経営戦略によって、どの投資会社の支援を受けるかどうかを決定する必要があります。

交渉の際には、事前にベンチャーキャピタルからの投資を受けた経験のある経営者などから情報を入手しておくことや、セミナーに参加することが大切です。

エンジェル税制の優遇措置

エンジェル税制の優遇措置とは、ベンチャー企業への融資に対して受けられる税制優遇措置です。

エンジェル税制には、2種類の優遇措置が用意されており、好きな方をえらべます。

一つは、ベンチャー企業への投資額から2,000円を差し引いた額を、その年の所得金額より控除する優遇措置です。投資額は総所得投資額の40%か、1,000万円かのどれか低い方が上限となります。

もう一つは、ベンチャー企業に投資した全額を、その年に実施した他の株式の売却益から控除するものです。

また、非上場のベンチャー企業株の式を売却したときに発生した損失を、その年に実施した他の株式の売却益と相殺できます。さらに、その年だけでは相殺できなかった損失について、翌年から3年かけて相殺することが可能です。

たとえベンチャー企業が上場せずに破産をした場合などでも、翌年以降3年にわたって損失が繰り越せるので、投資リスクが軽減するというメリットがあります。

この税制優遇を受けるための株式の投資方法は、以下の3つです。

1つ目は、ベンチャー企業に直接投資する方法。

2つ目は、認定投資事業有限責任組合を通じて投資する方法。

3つ目は、証券会社からグリーンシートエマージング銘柄を購入する方法です。

このような投資を促すために、個人投資家が事前に、ベンチャー企業がこの税制の対象となっているかどうかを確認できる事前確認制度も設けられています。

銀行融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」をご存知ですか?

「売掛金」がある方のための新しい資金調達方法で、銀行返済の条件変更中(リスケジュール)でも赤字決算、債務超過でも、担保不動産、保証人がなくても利用可能です。 利用条件は2つ。
  • 事業資金専用のサービスであること(生活費や教育ローンには利用できません。)
  • 100万円以上の売掛金が必要であること
売掛金をお持ちで急な事業資金を調達する場合はこちら(まずは10秒カンタン無料診断)
 

※資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。

法人経営者・個人事業主向け民間ビジネスローンなら

事業者向けローンなら公共機関に並ぶ安心感のオリックスVIPローンカードBUSINESSを検討しましょう。

急な資金需要にお応えする最短即日審査というスピード力や用途に応じて最大500万まで対応可能な契約コース、業界トップクラスの低金利6.0~17.8%による借入が可能になります。

事業者向けのカードローンであるビジネスローンは非常に使いやすく、手軽に融資を受けることができる方法として近年広まっています。

ビジネスローンの主なメリットは、「銀行融資に比べて審査通過率が高い」「無担保・保証人なし」「ATMでいつでもどこでも借入可」「数日で借りれる」といったものがあります。

一方で銀行融資はしっかりとした目的(新規事業や設備投資、仕入れ、つなぎ融資など)がないと融資が下りることはありません。銀行融資と比較しながらビジネスローンのメリットと審査を通すポイントにフォーカスし、融資をうまく活用してより事業を繁栄させるための一歩を踏み出しましょう。

事業計画書作成でお悩みのあなたへ

実際に融資のおりた事業計画書例25パック実際に融資のおりた事業計画書例25パック

当パックは、実際に日本政策金融公庫や制度融資(信用保証協会付融資)から融資がおりた事業計画書25例を同封しております。

「どのような事業計画書を作成すれば良いかわからない」
「事業計画書を作成したことがない」

これから日本政策金融公庫融資や信用保証協会付融資をお考えの方のお役に立てれば幸いです。

少人数私募債発行を契機に2,000万円の融資を引き出した話

少人数私募債発行を契機に2,000万円の融資を引き出した話資金調達は何も銀行融資や日本政策金融公庫融資だけではありません。直接金融と呼ばれる少人数私募債の発行によっても可能なのです。実はウチのお客様で私募債発行の実績を認められて2,000万円の融資を低利で借入出来たケースもございます。

詳しくはこちら → 私募債活用で金融機関の信用を得て2,000万円の融資を引き出した会社
ページの先頭へ

事務所・プロフィール写真

行政書士法人 Withness(ウィズネス)
代表者 代表社員 行政書士 渡邉 徳人
所在地 〒862-0971 熊本県熊本市新大江1丁目7-45
    (ハローワーク前/駐車場あり)
MAIL:info@1-kigyou.com
営業時間 10時~18時まで 土日祝日休み

powered by 行政書士アシストブログ