日本政策金融公庫(国民生活金融公庫)、制度融資(信用保証協会付融資)等の公的融資支援、資金調達、事業計画書なら、行政書士法人WITHNESS

HOME » 日本政策金融公庫融資ノウハウ » 営業譲渡による開業の場合

営業譲渡による開業の場合

独立開業のスタイルは何も自分で0から立ち上げるケースばかりではなく、営業譲渡によって既存の事業を「箱」ごと買い取って開業するケースもあります。

その場合、営業譲渡契約を交わし、財務内容(資産及び負債の内容)を示す資料を引渡してもらうわけですが、それらの資料を見ても、わからないのが、「過去の日本政策金融公庫との取引実績」です。

今現在残っている債務があるのであれば、決算書や借入明細書から判断することが出来ますが、既に完済してしまった過去の取引実績明細までは引渡すことは通常ありません。

返済が終了している債務なわけですから、「そんなもんいらないんじゃないの?」と考える方も多いのではないでしょうか?

しかし、ここに落とし穴がるのです。

仮に借入金額を完済していたとしても、その途中には遅延している可能性もありますし、条件変更(いわゆるリスケジュール)を行っていた可能性もあります。

日本政策金融公庫や信用保証協会等の公的機関は過去の取引実績を重要視しますので、返済の遅れや条件変更(リスケジュール)の事実がある場合、迷惑を被るのは同じ住所地で事業を行う、事業を譲り受けた新事業者です。

つまり、借りにくくなるということです。

日本政策金融公庫の場合、仮に営業譲渡等の理由で事業主自体に変更があったとしても、事業体管理・住所地管理をしている為、全くの新規取引先とは見てくれず、前事業者の実績をそのまま引き継いだ考えに基づく傾向にあります。

その結果として、譲り受けた事業主は、自己資金もあって、事業計画もしっかりとしているのにもかかわらず、融資を受けられない場合があります。

このようなケースは多くはありませんが、実際に当事務所でお受けした案件でも数件ありました。

事業を引き継いだり、買い取る場合には返済実績を細かくチェックするように気をつけてください。

事業を売る側からすれば、少しでも不都合な事実は隠して高く売りつけたいという心理が働きますので、「残債がない」という嘘はさすがにつけないとしても、「途中で多少遅れがあった」くらいのことであれば、嘘や事実隠匿は十分あり得ます。

「聞かれなかったから特に言わなかった」というケースも考えられますので、事業を引き継ぐ側は、譲る側の返済実績は確実に把握しておくようにしたいものです。

スポンサードリンク

銀行融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」をご存知ですか?

「売掛金」がある方のための新しい資金調達方法で、銀行返済の条件変更中(リスケジュール)でも赤字決算、債務超過でも、担保不動産、保証人がなくても利用可能です。 利用条件は2つ。
  • 事業資金専用のサービスであること(生活費や教育ローンには利用できません。)
  • 100万円以上の売掛金が必要であること
売掛金をお持ちで急な事業資金を調達する場合はこちら(まずは10秒カンタン無料診断)
 

※資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。

事業計画書作成でお悩みのあなたへ

実際に融資のおりた事業計画書例25パック実際に融資のおりた事業計画書例25パック

当パックは、実際に日本政策金融公庫や制度融資(信用保証協会付融資)から融資がおりた事業計画書25例を同封しております。

「どのような事業計画書を作成すれば良いかわからない」
「事業計画書を作成したことがない」

これから日本政策金融公庫融資や信用保証協会付融資をお考えの方のお役に立てれば幸いです。

法人経営者・個人事業主向け民間ローンなら

事業者向けローンなら公共機関に並ぶ安心感のオリックスVIPローンカードBUSINESSを検討しましょう。

急な資金需要にお応えする最短即日審査というスピード力や用途に応じて最大500万まで対応可能な契約コース、業界トップクラスの低金利6.0~17.8%による借入が可能になります。

事業者向けのカードローンであるビジネスローンは非常に使いやすく、手軽に融資を受けることができる方法として近年広まっています。

ビジネスローンの主なメリットは、「銀行融資に比べて審査通過率が高い」「無担保・保証人なし」「ATMでいつでもどこでも借入可」「数日で借りれる」といったものがあります。

一方で銀行融資はしっかりとした目的(新規事業や設備投資、仕入れ、つなぎ融資など)がないと融資が下りることはありません。銀行融資と比較しながらビジネスローンのメリットと審査を通すポイントにフォーカスし、融資をうまく活用してより事業を繁栄させるための一歩を踏み出しましょう。

少人数私募債発行を契機に2,000万円の融資を引き出した話

少人数私募債発行を契機に2,000万円の融資を引き出した話資金調達は何も銀行融資や日本政策金融公庫融資だけではありません。直接金融と呼ばれる少人数私募債の発行によっても可能なのです。実はウチのお客様で私募債発行の実績を認められて2,000万円の融資を低利で借入出来たケースもございます。

詳しくはこちら → 私募債活用で金融機関の信用を得て2,000万円の融資を引き出した会社
ページの先頭へ

事務所・プロフィール写真

行政書士法人 Withness(ウィズネス)
代表者 代表社員 行政書士 渡邉 徳人
所在地 〒862-0971 熊本県熊本市新大江1丁目7-45
    (ハローワーク前/駐車場あり)
MAIL:info@1-kigyou.com
営業時間 10時~18時まで 土日祝日休み

powered by 行政書士アシストブログ