日本政策金融公庫(国民生活金融公庫)、制度融資(信用保証協会付融資)等の公的融資支援、資金調達、事業計画書なら、行政書士事務所WITHNESS

逃げる人たち

  • 資金繰りが悪化し、事業資金の融資返済ができない
  • 会社をリストラされて、住宅ローンが返済できない
  • 人件費がかさんで、税金や社会保険料が支払えない
  • 予定外の出費がかさんで、奨学金や教育ローンの返済ができない
  • 自動車ローンの引き落としまでに入金が間に合わなさそう

事業経営していれば色々あります。

日々の生活だけ考えても色々あります。

融資返済や支払いができなくなった場合に人は以下の2つに大別されます。

  • 問題から目を背けて、トコトン逃げる人
  • 問題に向き合い、返済に向けた対策をとる人

事業や家計の資金繰りが厳しくなって一時的に返済や支払いができなくなることもあるでしょう。

しかし冷静に考えてみてください。

問題から目を背けて逃げていれば、支払いは免除されると思いますか?

答えはもちろんNOですよね?

そんなことわかりきっているのに、最後の最後まで逃げようとして、逃げ切れず、問題をドンドン大きくして最終的に破裂してしまう方が非常に多い。

逃げても問題は解決しないのです。

支払いや返済が厳しくなった時の対処法と鉄則をお教えしましょう。

何があっても事前ホウレンソウ

社会人ならいわずもがな、報告・連絡・相談です。これは何も上司や会社との関係だけではありません。

支払いに遅れる可能性がある(或いは確定的)ならば、ローン会社、銀行などの借入先金融機関、社会保険事務所や税務署に「事前に」報告・連絡・相談を必ずしてください。

なぜこんな簡単なことができないんでしょうか。

何の報告も連絡も相談もなく支払いが遅れれば、あなたの与信は一気に傷つきます。当たり前のことです。

正直、人間性まで疑われるレベルだと認識しましょう。

一時的に資金繰りが詰まってどうしてもお金を返済できないことはあります。それは仕方ない場合もあるでしょう。

しかし事前に連絡が出来ないのは、どう考えてもあなた自身にお金を借りている認識と責任感の欠如以外の何物でもありません。

そうして自分自身の首をより締めることに繋がってしまうのです。

対処法は必ずある

リスケジュールリースバック、任意売却や税金・社会保険の分納などの提案が先方からあるかもしれません。

いずれにしても話してみないとわからないし、逃げるよりは何倍も前向きで建設的です。

約束通りの返済が出来ないわけですから、交渉や話し合いはそれなりにハードなものになるでしょうし、希望通りには通らないかもしれません。

しかし、ない袖は振れないわけですし、先方の金融機関も、あなたに潰れてしまっても困るわけです。

可能な限りの再建を計画・実行し、それでもダメなら最終的には自己破産を選択することもあるでしょう。

最初から逃げ出して他人に迷惑をかける人と、やれるだけのことはやった上で最終的に他人に迷惑をかけてしまう人では、その時点では同じような状況だとしても、その後の人生にも大きく影響してくることを理解しましょう。

逃げても何も良いことなんてないのです。


→ 資金調達の専門家をお探しの方はこちら【紹介無料】

事業計画書作成でお悩みのあなたへ

実際に融資のおりた事業計画書例25パック実際に融資のおりた事業計画書例25パック

当パックは、実際に日本政策金融公庫や制度融資(信用保証協会付融資)から融資がおりた事業計画書25例を同封しております。

「どのような事業計画書を作成すれば良いかわからない」
「事業計画書を作成したことがない」

これから日本政策金融公庫融資や信用保証協会付融資をお考えの方のお役に立てれば幸いです。
ページの先頭へ

事務所・プロフィール写真

行政書士事務所WITHNESS(ウィズネス)
代表者 行政書士 渡邉 徳人
所在地 〒862-0971 熊本県熊本市新大江1丁目7-45
    (ハローワーク前/駐車場あり)
MAIL:info@1-kigyou.com
営業時間 10時~18時まで 土日祝日休み

powered by 行政書士アシストブログ