日本政策金融公庫(国民生活金融公庫)、制度融資(信用保証協会付融資)等の公的融資支援、資金調達、事業計画書なら、行政書士事務所WITHNESS

日本政策金融公庫融資支援ドットコム > 用語集 > 小規模事業者活性化補助金とは?

小規模事業者活性化補助金とは?

小規模事業者活性化補助金は小規模事業者を対象とした補助金で、公募されるのが大きな特徴です。

公募に申し込んで審査を通過しないといけないので、利用を検討しているなら募集開始など動向のチェックが欠かせません。

小規模事業者で、かつ商工会議所の管轄内であること、経営計画に基づいた販路開拓のための事業であること、商工会議所からの支援を受けることが給付の条件です。

また、小規模事業者活性化補助金は使い道の選択肢が多いのも大きな特徴で、広告費や開発費、資料購入費、車両購入費、外注費など様々な場面で使えます。

補助金の上限額は原則として50万円ですが、雇用増加など特定の条件を満たしていれば上限が100万円になるのです。

小規模事業者にとっては非常に心強い存在ではあるものの、公募の際には多くの事業者が申し込みをするので、ライバルが多いのが難点です。

審査で落とされるケースも珍しくはなく、補助金を受け取るためには経営計画を立てた上で、書類もしっかりと仕上げる必要があります。

小規模事業者活性化補助金を申請する際に必要な経営計画は、商工会議所の経営指導員から助言を受けながら策定するのが一般的です。

またとない機会なので、会社の方向性などを見つめ直すのもよいでしょう。

法人経営者・個人事業主向け民間ビジネスローンなら

事業者向けローンなら公共機関に並ぶ安心感のオリックスVIPローンカードBUSINESSを検討しましょう。

急な資金需要にお応えする最短即日審査というスピード力や用途に応じて最大500万まで対応可能な契約コース、業界トップクラスの低金利6.0~17.8%による借入が可能になります。

事業者向けのカードローンであるビジネスローンは非常に使いやすく、手軽に融資を受けることができる方法として近年広まっています。

ビジネスローンの主なメリットは、「銀行融資に比べて審査通過率が高い」「無担保・保証人なし」「ATMでいつでもどこでも借入可」「数日で借りれる」といったものがあります。

一方で銀行融資はしっかりとした目的(新規事業や設備投資、仕入れ、つなぎ融資など)がないと融資が下りることはありません。銀行融資と比較しながらビジネスローンのメリットと審査を通すポイントにフォーカスし、融資をうまく活用してより事業を繁栄させるための一歩を踏み出しましょう。


銀行融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」をご存知ですか?

ファクタリングのオッティは中小企業向けファクタリングです。売掛金があり、資金繰りに悩んでいる方は一度問い合わせしてみましょう。
  • 業界最低水準の手数料
  • 徹底した秘密厳守
  • 最短1日でのスピーディーな資金化
  • 償還請求権なし(ノンリコース)
  • 経験豊富な担当者が申込み~実行まで親身に対応
  • 2社間取引

ファクタリングとは?

売掛金がない。公的融資を申請している時間もないという方へ

事業者向けビジネスローンビジネクストが選ばれる4つのメリットとは?

  • 年会費・補償料無料
  • 保証人・担保不要
  • 使用用途自由
  • お申し込みからご融資まで来店不要
ご融資額は1万~1000万円となります。毎月の返済額が自動で計算できます。

事業拡大・決算時などのまとまった資金ニーズに、一時的なつなぎ資金にご活用ください。

ページの先頭へ

事務所・プロフィール写真

行政書士事務所WITHNESS(ウィズネス)
代表者 行政書士 渡邉 徳人
所在地 〒862-0971 熊本県熊本市新大江1丁目7-45
    (ハローワーク前/駐車場あり)
MAIL:info@1-kigyou.com
営業時間 10時~18時まで 土日祝日休み

powered by 行政書士アシストブログ