日本政策金融公庫(国民生活金融公庫)、制度融資(信用保証協会付融資)等の公的融資支援、資金調達、事業計画書なら、行政書士事務所WITHNESS

預貸率とは?

預貸率とは銀行の預金総額に占める融資の割合を指します。

預貸率が低ければ低いほど銀行に預け入れられているお金だけで融資が行われていることを示すため、銀行の経営安定性を客観的に理解するのに役立ちます。

預貸率が100%になると、預金総額と融資総額が同じということになり、それを上回ると融資が大きくなるため、銀行の経営安定性に疑問符が投げかけられます。

預貸率が100%を超えることをオーバーローンと呼びますが、オーバーローンが続くと銀行は資金を確保するため公的資金の投入などが必要になる場合もあります。

日本国内では2017年現在オーバーローンの状態になっている金融機関は存在していません。

但しメガバンクと呼ばれている大手銀行は預貸率が高くなる傾向が見られます。

それとは対照的に地方銀行は預貸率が低く、経営が安定しているとみなされるところが少なくありません。

ただし預貸率が極端に低い場合、銀行の収益確保が問題にあるため、逆に経営にマイナス要因として判断されることもあります。

銀行の経営が健全とされる預貸率は70%前後です。

現状マイナス金利の影響で銀行も積極融資姿勢で預貸率をあげています。これがいつまで続くかは問題ですが、借りやすい地合いであることは間違いないですね。


→ 資金調達の専門家をお探しの方はこちら【紹介無料】

事業計画書作成でお悩みのあなたへ

実際に融資のおりた事業計画書例25パック実際に融資のおりた事業計画書例25パック

当パックは、実際に日本政策金融公庫や制度融資(信用保証協会付融資)から融資がおりた事業計画書25例を同封しております。

「どのような事業計画書を作成すれば良いかわからない」
「事業計画書を作成したことがない」

これから日本政策金融公庫融資や信用保証協会付融資をお考えの方のお役に立てれば幸いです。
ページの先頭へ

事務所・プロフィール写真

行政書士事務所WITHNESS(ウィズネス)
代表者 行政書士 渡邉 徳人
所在地 〒862-0971 熊本県熊本市新大江1丁目7-45
    (ハローワーク前/駐車場あり)
MAIL:info@1-kigyou.com
営業時間 10時~18時まで 土日祝日休み

powered by 行政書士アシストブログ