日本政策金融公庫(国民生活金融公庫)、制度融資(信用保証協会付融資)等の公的融資支援、資金調達、事業計画書なら、行政書士事務所WITHNESS

日本政策金融公庫融資支援ドットコム > 資金調達のあれこれ > 借りれるブラック、借りれないブラック

借りれるブラック、借りれないブラック

金融ブラックとはいわゆる「個人信用情報機関に記載された消費者の事故情報」に載せられた人で、金融事故(延滞・滞納・踏み倒し・破産)がある方です。

リアルタイムブラックの場合、現時点で借りまくって約定通りに返済できていない状況なわけですから、新規の融資など望むべくもありません。

傷が大きくならない内に、今すぐ専門家に借金の相談をして、法的整理をしつつ、職を見つけて生活再建に動かなければなりません。すぐに働けないなら生活保護の受給も必要でしょう。

では、借りれるブラックとはどういうブラックでしょうか?

借りれるブラックは、過去ブラック

ズバリ、過去ブラックだったけども、今は返済が終わっており、過去の借金に縛られていない人です。

一度「個人信用情報機関に記載された消費者の事故情報」に載ってしまうと5年〜10年は消えません。

しかし、仮に破産して免責を受け、その直後から立ち直り必死に働きならが生活を切り詰め、3年で自己資金300万円を貯金したとしましょう。

この人はまだ「個人信用情報機関に記載された消費者の事故情報」に載っているので、信用情報の観点からは金融ブラックなんですが、実態としては過去の借金の影響はもうない状態です。

借金踏み倒し(免責を受け)はしましたが、その後立ち直り貯金までしています。

こういう方の場合にはカテゴリが同じブラックであっても、新規の融資が付く可能性は十分出てくるわけですね。

日本公庫の再挑戦支援資金(再チャレンジ支援融資)

廃業(破産)歴がある方がよくご相談に来られるのがこの日本公庫の再挑戦支援資金(再チャレンジ支援融資)ですが、廃業歴があれば誰でも使えるわけでもなく、また、安易にセカンドチャンスをあなたに!といったボランティア的指向のものでも全くありません。

この融資制度の要件を見てみると、下記の記載があります。

  • 廃業時の負債が新たな事業に影響を与えない程度に整理される見込み等であること
  • 廃業の理由・事情がやむを得ないもの等であること

借金はきちんと整理されていて、廃業した理由も自然災害の影響だとか、取引先の倒産による連鎖の影響だとか、やむを得ない合理的理由があることが条件です。

放漫経営や無能さで勝手に会社を潰した人に優しく手を差し伸べるような融資制度ではないので勘違いしないようにしましょう。

まとめ

ここまで解説してきたように、リアルタイムブラックは借りられません。闇金くらいしか寄って来ないので早急に法的整理をしてください。

一方で、人は誰でも失敗や挫折をするものですから、一度金融ブラックになったとしても、そこから立ち直った人にはセカンドチャンスもあり得ます。

もちろん簡単ではなく、険しい道ですよ。一度多くの人に迷惑をかけているわけですから。

ただ、その過去だけをあげつらってその後ずっと融資や創業の道が断たれているわけではないということは認識しておいて欲しいですね。

事業計画書作成でお悩みのあなたへ

実際に融資のおりた事業計画書例25パック実際に融資のおりた事業計画書例25パック

当パックは、実際に日本政策金融公庫や制度融資(信用保証協会付融資)から融資がおりた事業計画書25例を同封しております。

「どのような事業計画書を作成すれば良いかわからない」
「事業計画書を作成したことがない」

これから日本政策金融公庫融資や信用保証協会付融資をお考えの方のお役に立てれば幸いです。
ページの先頭へ

事務所・プロフィール写真

行政書士事務所WITHNESS(ウィズネス)
代表者 行政書士 渡邉 徳人
所在地 〒862-0971 熊本県熊本市新大江1丁目7-45
    (ハローワーク前/駐車場あり)
MAIL:info@1-kigyou.com
営業時間 10時~18時まで 土日祝日休み

powered by 行政書士アシストブログ