日本政策金融公庫(国民生活金融公庫)、制度融資(信用保証協会付融資)等の公的融資支援、資金調達、事業計画書なら、行政書士法人WITHNESS

日本政策金融公庫融資支援ドットコム > 資金調達のあれこれ > 分かりやすく解説!売掛債権担保融資の活用法

分かりやすく解説!売掛債権担保融資の活用法

ビジネスには、運転資金がなによりも重要です。運転資金が足りないためにビジネスチャンスを逃したり、取引先の信用を失うのは避けたいでしょう。

運転資金を確保する方法を一つでも多く知っておくのは、きっとプラスになるはず。そこで、運転資金を確保する方法の一つとして、売掛債権担保融資についてご説明します。

売掛債権担保融資って何?どう活用できるの?

売掛債権担保融資とは、取引先に対して有している売掛金を担保にして、入金日までの運転資金を金融機関(銀行・ノンバンク)から融資してもらう方法です。

英語では「Asset Based Lending」というため、ABLという略称が用いられることもありますし、ファクタリングとも呼ばれます。

では、売掛債権担保融資を用いた場合、どのような仕組みで資金調達ができるのでしょうか?(※銀行の場合)

  1. 企業は売掛債権を担保にし、金融機関に対し売掛債権担保融資を申し込む。
  2. 融資を行う金融機関は信用保証協会に対して売掛債権の保証を申し込む。
  3. 手続きが完了した時点で、金融機関から企業へ融資が実行される。
  4. 企業側が融資金額を返済できなかった場合、信用保証協会が金融機関に代位返済を行う。
  5. 銀行と信用保証協会が売掛債権を使って資金の回収を行う。

売掛債権担保融資のメリット

  1. 売掛金を前倒しで資金化できる。
  2. 大型の資金調達が簡単にできる。

この2点が大きなメリットです。そのため、受注が増加し、材料費や人件費など、多額の支出が追加的に発生することが見込まれる場合に有効な資金調達手段として活用できるでしょう。

実際、売掛債権担保融資を活用する流れ

売掛債権担保融資を使う場合の、申込から融資実行・返済までの基本的な流れについてまとめると以下の通りです。

  1. 金融機関(銀行・ノンバンク)に相談する。
  2. 申込を行う。銀行の場合は、必要な書類を揃え、信用保証協会の審査を受ける。ノンバンクの場合は、必要な書類を提出する。
  3. 売掛債権担保評価の範囲内で、実際の融資金額が決定される。
  4. 融資が実行される。
  5. 期限までに、借入をした金融機関に返済を行う。

スタートは、金融機関への相談からです。自分だけではできない、と感じたなら、適宜税理士など、専門家のアドバイスを受けるといいでしょう。

どの金融機関から借りるべきか

売掛債権担保融資を使う場合、金融機関を通すことになります。

そこで、どんな金融機関に申し込みをするかも重要なポイントです。金融機関ごとのメリット・デメリットも考えてみました。

銀行

【メリット】

  • 経営基盤がしっかりしているので、安心して取引ができる。
  • 数多くの企業と取引がある銀行なら、経営へのアドバイスも受けられる。

【デメリット】

  • 融資を受けるにあたっての審査が厳しい。
  • 業績、実績の少ない企業の場合、審査に通らないケースもある。
  • 特にメガバンクなど大手の銀行では、赤字決済、税金の滞納などのリスク要因がある場合、審査にはまず通らない。ネット銀行など一部の銀行の場合、ハードルが低いこともある。

ノンバンク

【メリット】

  • 審査のハードルが低い。赤字決済、税金の滞納があっても審査に通るケースがある。
  • 手続きのスピードが早い。
  • 担当者によっては、親身に相談に乗ってくれる場合もある。

【デメリット】

  • 銀行に比べると金利が高く設定されているケースが多い。

企業を経営していれば、取引銀行があるはずです。まずは、その銀行に相談してみましょう。雲行きが怪しかった場合は、ノンバンクやネット銀行など、対応可能且つ許容範囲内の手数料の金融機関を利用しましょう。

審査に通るために心掛けたいこと

銀行、ノンバンク問わず、審査に通るためには、小さな心掛けも大事です。いくつかポイントをまとめました。

  • 各金融機関の審査の厳しさを事前にチェックする。
  • 取引先から交付された発注書・納品書・請求書など、取引内容・実績がわかる書類は早めに準備し、整理しておく。
  • 売掛金の振り込みを受けている口座の通帳もすぐに出せるようにしておく。
  • 申込の書類を記入する際は、誤字・脱字、押印漏れに注意する。
  • 面談に臨む際は、服装・言葉遣い・態度に気を付ける。

この辺は日本政策金融公庫からの借り入れの場合と全く同じ当たり前のことですね。

売掛債権担保融資は一言でまとめれば、「売掛金を効率的に資金化できるので、ビジネスを拡大するときに便利な制度」です。

しかし、申込にあたっては、ポイントを押さえておかないとなかなか融資にこぎつけるのは難しいかもしれません。必要に応じて、税理士などの専門家にアドバイスを受けながら手続きを進めても良いでしょうし、以下のようなサイトでファクタリング診断を受けても良いでしょう。

100万円~3億円の事業資金を最短即日調達可能?【資金調達プロ】

銀行融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」をご存知ですか?

「売掛金」がある方のための新しい資金調達方法で、銀行返済の条件変更中(リスケジュール)でも赤字決算、債務超過でも、担保不動産、保証人がなくても利用可能です。 利用条件は2つ。
  • 事業資金専用のサービスであること(生活費や教育ローンには利用できません。)
  • 100万円以上の売掛金が必要であること
売掛金をお持ちで急な事業資金を調達する場合はこちら(まずは10秒カンタン無料診断)
 

※資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。

法人経営者・個人事業主向け民間ビジネスローンなら

事業者向けローンなら公共機関に並ぶ安心感のオリックスVIPローンカードBUSINESSを検討しましょう。

急な資金需要にお応えする最短即日審査というスピード力や用途に応じて最大500万まで対応可能な契約コース、業界トップクラスの低金利6.0~17.8%による借入が可能になります。

事業者向けのカードローンであるビジネスローンは非常に使いやすく、手軽に融資を受けることができる方法として近年広まっています。

ビジネスローンの主なメリットは、「銀行融資に比べて審査通過率が高い」「無担保・保証人なし」「ATMでいつでもどこでも借入可」「数日で借りれる」といったものがあります。

一方で銀行融資はしっかりとした目的(新規事業や設備投資、仕入れ、つなぎ融資など)がないと融資が下りることはありません。銀行融資と比較しながらビジネスローンのメリットと審査を通すポイントにフォーカスし、融資をうまく活用してより事業を繁栄させるための一歩を踏み出しましょう。

事業計画書作成でお悩みのあなたへ

実際に融資のおりた事業計画書例25パック実際に融資のおりた事業計画書例25パック

当パックは、実際に日本政策金融公庫や制度融資(信用保証協会付融資)から融資がおりた事業計画書25例を同封しております。

「どのような事業計画書を作成すれば良いかわからない」
「事業計画書を作成したことがない」

これから日本政策金融公庫融資や信用保証協会付融資をお考えの方のお役に立てれば幸いです。

少人数私募債発行を契機に2,000万円の融資を引き出した話

少人数私募債発行を契機に2,000万円の融資を引き出した話資金調達は何も銀行融資や日本政策金融公庫融資だけではありません。直接金融と呼ばれる少人数私募債の発行によっても可能なのです。実はウチのお客様で私募債発行の実績を認められて2,000万円の融資を低利で借入出来たケースもございます。

詳しくはこちら → 私募債活用で金融機関の信用を得て2,000万円の融資を引き出した会社
ページの先頭へ

事務所・プロフィール写真

行政書士法人 Withness(ウィズネス)
代表者 代表社員 行政書士 渡邉 徳人
所在地 〒862-0971 熊本県熊本市新大江1丁目7-45
    (ハローワーク前/駐車場あり)
MAIL:info@1-kigyou.com
営業時間 10時~18時まで 土日祝日休み

powered by 行政書士アシストブログ