日本政策金融公庫(国民生活金融公庫)、制度融資(信用保証協会付融資)等の公的融資支援、資金調達、事業計画書なら、行政書士法人WITHNESS

リースと融資の違い

会社を運営していくためには、資金が必要です。

自己資金だけで賄えるといいのですが、従業員に支払う人件費、光熱費や家賃など、「資金はいくらあっても足りない」なんて企業も多いのではないでしょうか。

ある程度の運転資金がなければ、効率的に利益を上げることは困難ですから、優良企業であっても金融機関からお金を借りるなど、少しでも効率的な資金調達に頭を悩ませています。

会社運営に必要な車や工具、車、IT関連機器、建物などの設備を購入するためには、まとまった資金が必要です。

これらの購入資金を調達する方法にはお金を借りる融資と、購入対象となる商品を借り入れるリースの2つがあります。

リースとは、設備投資に必要な器具や設備などをリース会社が購入し、会社や店舗に貸し出すサービスのことです。

会社や店舗はその設備を購入したのと同じように使用でき、長期間にわたってリース会社にリース料を支払います。

リース料は物件の値段に固定資産税などの税金、資金調達費、保険料や手数料を加えた金額を元に決められるのが一般的で、銀行などからお金を借りる場合とは異なり、金利ではなくリース料率という方法で、手数料などの費用が計算されます。

リース料率は毎月のリース料÷物件の値段で算出します。

例えば100万円の自動車を毎月1万5,000円のリース料で貸し出した場合のリース料率は1.5%(年利18%)です。

これって利率としては結構高いですよね。

では、設備の購入では、融資とリースのどちらが得なのでしょうか。

リースのメリットはいくつかありますが、何といっても初期費用が少なく抑えられるのが大きなメリットです。

高額な物件でも決められたリース料を支払えばいいだけですから、手持ち資金が少なくても設備投資を行うことが可能です。

また、設備投資用物件は固定資産になりますから、税金や保険料がかかります。

これらの計算に加え、減価償却費の計算など、経理作業に手間がかかります。

しかしリースにすると、設備投資用物件を所有せず借りていることになりますから、会計上の処理が不要になり、毎月のリース料を計上するだけで会計処理が完了します。

作業の効率化が図れるというのも大きなメリットです。

これに加え、銀行からお金を借りないので、銀行の融資枠を確保でき、いざというときに銀行からの融資が受けやすいという利点も見逃せません。

デメリットは、トータルでみるとリースの方が出費がかさむことです。

融資を受けた場合の金利よりも、リース料の方がかなり高くなるため、資金に余裕がある場合は直接購入の検討も行いましょう。

最近はカーリースサービスも充実している

代表的な例として、マイカー賃貸「カルモ」が挙げられます。

カルモは、税金や初期費用コミの毎月定額の格安マイカーリースです。

全国どこでも納車が可能で、定額、総額ともに新車平均保有期間の7〜9年の料金体系は業界随一の安さを誇っています。

一般的カーリースの特徴

  • リース料を全額経費として損金処理ができるので節税効果が見込める(特に個人事業主向け)
  • 自動車税の納付や納税証明書の管理がなし、自賠責保険などもリース料に含まれる
  • 残価をあらかじめ除いて設定しているので総支払い額が減り予算以上の車に乗れる(残価設定クレジット、ローンとは異なります)
  • リース会社は車を大量購入するので車両値引きが大きい
  • 月々の支払いが安定するので家計や経営の予算がたてやすい
  • 事故時の対応や処理のサポートもある
  • 契約期間終了後はリース会社へ返却する

カルモの特徴

  • 新車は全てのメーカー、グレードの取り扱い可能
  • 賃貸という形式(表現)で「定額/月」で車に乗れる
  • 1〜9年という契約単位により予算に合わせて車に乗れる
  • ディーラー等に出向かなくともオンラインで契約まで締結可能
  • ニーズによっては中古車のリースも可能
  • 契約期間満了にて、車の乗り換えが可能

昨今、カーリースは伸びており、米国ではカーリースが30%を占めます。国内では、沖縄で20%以上です。この数年特にカーリースは市場で非常に伸びています。

資金調達が出来ないけども、事業としてどうしても車が必要・・・という方は試してみても良いでしょう。

同種のサービスとして、テレビCMでもよく目にするカーコンビニ俱楽部も挙げられます。

こちらも、

  • 頭金0円
  • 契約7年で返却・乗り換えOK
  • 契約9年で車がもらえる

と、サービス内容や特徴は似ていますので、両者を比べてみても良いでしょう。

いずれにしても、これからは持たざる経営がメインになっていくかもしれません。

また、リースは必ずしも自動車などの動産に限ったことではなく、家や事務所、土地のような不動産であっても、リースバックという方法でリース化が可能です。

※ブラック・自己破産しててもOK。銀行の返済条件変更中、赤字決算、債務超過でも資金調達できるファクタリングをご存知ですか?売掛金100万円以上お持ちで事業用資金なら最短即日1000万円まで調達可能。→【資金調達プロ】事業資金調達の10秒カンタン無料診断はコチラ

スポンサードリンク

銀行融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」をご存知ですか?

「売掛金」がある方のための新しい資金調達方法で、銀行返済の条件変更中(リスケジュール)でも赤字決算、債務超過でも、担保不動産、保証人がなくても利用可能です。 利用条件は2つ。
  • 事業資金専用のサービスであること(生活費や教育ローンには利用できません。)
  • 100万円以上の売掛金が必要であること
売掛金をお持ちで急な事業資金を調達する場合はこちら(まずは10秒カンタン無料診断)
 

※資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。
融資不可となり起業をあきらめる前に、投資家から1,000万円の事業資金を調達しませんか? ※無料登録後すぐに案件内容が公開され、投資家からの連絡を受け取ることができます。 Founder(ファウンダー)起業家ユーザー無料登録はこちら

法人経営者・個人事業主向け民間ビジネスローンなら

事業者向けローンなら公共機関に並ぶ安心感のオリックスVIPローンカードBUSINESSを検討しましょう。

急な資金需要にお応えする最短即日審査というスピード力や用途に応じて最大500万まで対応可能な契約コース、業界トップクラスの低金利6.0~17.8%による借入が可能になります。

事業者向けのカードローンであるビジネスローンは非常に使いやすく、手軽に融資を受けることができる方法として近年広まっています。

ビジネスローンの主なメリットは、「銀行融資に比べて審査通過率が高い」「無担保・保証人なし」「ATMでいつでもどこでも借入可」「数日で借りれる」といったものがあります。

一方で銀行融資はしっかりとした目的(新規事業や設備投資、仕入れ、つなぎ融資など)がないと融資が下りることはありません。銀行融資と比較しながらビジネスローンのメリットと審査を通すポイントにフォーカスし、融資をうまく活用してより事業を繁栄させるための一歩を踏み出しましょう。


売掛金がない。公的融資を申請している時間もないという方へ

事業者向けビジネスローンビジネクストが選ばれる4つのメリットとは?

  • 年会費・補償料無料
  • 保証人・担保不要
  • 使用用途自由
  • お申し込みからご融資まで来店不要
ご融資額は1万~1000万円となります。毎月の返済額が自動で計算できます。

事業拡大・決算時などのまとまった資金ニーズに、一時的なつなぎ資金にご活用ください。

ページの先頭へ

事務所・プロフィール写真

行政書士法人 Withness(ウィズネス)
代表者 代表社員 行政書士 渡邉 徳人
所在地 〒862-0971 熊本県熊本市新大江1丁目7-45
    (ハローワーク前/駐車場あり)
MAIL:info@1-kigyou.com
営業時間 10時~18時まで 土日祝日休み

powered by 行政書士アシストブログ