日本政策金融公庫(国民生活金融公庫)、制度融資(信用保証協会付融資)等の公的融資支援、資金調達、事業計画書なら、行政書士法人WITHNESS

日本政策金融公庫融資支援ドットコム > 用語集 > ブラック、事故情報とは?

ブラック、事故情報とは?

クレジットカードやカードローンの支払いを滞納するとブラックリストに乗せられたり、事故情報が加えられたりするという話を聞いたことがあるかもしれません。

一度ブラックリスト入りしてしまうと、数年間はクレジットカードやローンの契約ができなくなってしまうため、ブラックリストに載らないために何ができるかといった情報がインターネット上で紹介されています。

このブラックリストや事故情報とはいったい何なのか、ブラックリストが本当に存在しているか知りたいという人のために、これらの情報についてまとめてみます。

ブラックとは信用情報に問題が生じていることを示す通称で、実際にブラックリストというものは存在していません。

信用情報とはクレジットカードやローンを契約している人の連絡先や住所、クレジットの利用状況や返済状況に関する情報のことを指しています。

まずクレジットカードやローンを契約すると、契約時点で信用情報機関に契約者の情報が登録されます。ここで毎月延滞することなく支払いが行われている人については、情報が登録されることはありません。

しかし支払いの遅延や延滞が起こると、その情報が信用情報として書き込まれることがあります。

信用情報に書き込まれるのが事故情報です。

例えば、カードの返済を滞納してしまった場合がそれに当たります。

通常口座の残高不足で引き落としができない場合には、郵送で引き落としができなかった旨の連絡が送られ、それと同時に請求書が送付されます。

この段階で返済する場合には、信用情報に事故情報が書き込まれることはありませんが、支払遅延が数回続くと、そのことが信用情報に登録されるために今後の借入などに影響が出る場合があります。

そしてローン会社やクレジットカード会社は個人の信用に基づいて融資をしているため、支払い面で問題がある顧客に対してはカードの利用を停止させたり、退会処置を取ったりといった行動を取ります。この情報のもととなるのが事故情報です。

また、信用情報に事故情報が登録される他の事例としては、自己破産や任意整理、さらには携帯電話の割賦契約の支払い不履行などがあります。

携帯電話の割賦契約も信用情報機関に支払い情報が登録されるため、事故情報として登録されないために、返済は確実に行う必要があります。

一度事故情報が登録されると、内容によって5年から10年間は新たなクレジットカードやローンなどの契約ができなくなってしまいますから、注意が必要です。

もし審査の段階で通らなかった場合には、過去に事故情報がないかどうかを確かめてみることもできます。

※借金返済や生活の為の融資は日本政策金融公庫ではできません。借金でお悩みの方は、まずは融資の前に「過払い金」がないかを調べる事からスタートしましょう。
下記から借金がゼロにならないか?過払い金はないか?無料診断ができます。
債務整理無料診断シミュレーター

銀行融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」をご存知ですか?

「売掛金」がある方のための新しい資金調達方法で、銀行返済の条件変更中(リスケジュール)でも赤字決算、債務超過でも、担保不動産、保証人がなくても利用可能です。 利用条件は2つ。
  • 事業資金専用のサービスであること(生活費や教育ローンには利用できません。)
  • 100万円以上の売掛金が必要であること
売掛金をお持ちで急な事業資金を調達する場合はこちら(まずは10秒カンタン無料診断)
 

※資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。

事業計画書作成でお悩みのあなたへ

実際に融資のおりた事業計画書例25パック実際に融資のおりた事業計画書例25パック

当パックは、実際に日本政策金融公庫や制度融資(信用保証協会付融資)から融資がおりた事業計画書25例を同封しております。

「どのような事業計画書を作成すれば良いかわからない」
「事業計画書を作成したことがない」

これから日本政策金融公庫融資や信用保証協会付融資をお考えの方のお役に立てれば幸いです。

少人数私募債発行を契機に2,000万円の融資を引き出した話

少人数私募債発行を契機に2,000万円の融資を引き出した話資金調達は何も銀行融資や日本政策金融公庫融資だけではありません。直接金融と呼ばれる少人数私募債の発行によっても可能なのです。実はウチのお客様で私募債発行の実績を認められて2,000万円の融資を低利で借入出来たケースもございます。

詳しくはこちら → 私募債活用で金融機関の信用を得て2,000万円の融資を引き出した会社
ページの先頭へ

事務所・プロフィール写真

行政書士法人 Withness(ウィズネス)
代表者 代表社員 行政書士 渡邉 徳人
所在地 〒862-0971 熊本県熊本市新大江1丁目7-45
    (ハローワーク前/駐車場あり)
MAIL:info@1-kigyou.com
営業時間 10時~18時まで 土日祝日休み

powered by 行政書士アシストブログ