日本政策金融公庫(国民生活金融公庫)、制度融資(信用保証協会付融資)等の公的融資支援、資金調達、事業計画書なら、行政書士法人WITHNESS

任意整理とは?

任意整理とは負債を抱えてしまった場合に借金の減額を目指す解決方法です。抱えた負債の問題を解決する方法としては自己破産が有名ですが、これはいわば最後の手段、それに対して任意整理はもう少し穏やかな形で、より現実的な決着を目指して行われる方法です。

自己破産は裁判所の決定によって負債の支払い義務を免除される制度です。つまり負債を抱えている人が自ら裁判所に申し立てて負債の悩みの解決を目指すことになるわけですが、その一方でお金を貸した側、債権者にとっては貸したお金が戻ってこないことになります。借りた側にとってはメリットが大きいように思える制度ですが、貸した側にとっては望ましい解決方法ではないわけです。それに対して任意整理は借りた側と貸した側が話し合い、お互い合意のうえで返済の放棄や負債の減額を目指していくことになります。

当事者同士の話し合いのもとで進められ、最終的に合意に至ったうえでその後の返済計画が決定されるため穏やかな形で決着しやすいのが大きな特徴です。負債を抱えた側の財産状況や収入を検討した上で実際に支払える範囲内で借金を減額したり、支払い方法や利息の見直しを行うことになります。それによって厳しい取立てから解放されたり、借金を返済するためにまた別のところから借金をしなければならないような悪循環から脱出するチャンスも得られます。

大きな特徴は借金を帳消しにするのではなくあくまで減額の範囲に留まることです。ですから任意整理を行ったからといって借金から解放されるわけではなく、より返済しやすい環境になるわけです。そのため自己破産に比べると借りている側にとってはメリットが小さいように思えますが、周囲(お金を借りた相手だけでなく連帯保証人も含めて)に迷惑をかけず、借りたお金をしっかり返すという面から自己破産よりもずっと現実的な選択肢といえます。実際債務整理の多くはこの任意整理の形で行われており、それでもうまく問題が解決できなかったときに自己破産をはじめとしたより強制的な対応を行う形になっています。

この制度の問題点は話し合いで決着をつけるためうまくまとまらない可能性があること。とくに消費者金融が債権者に加わっている場合には話し合いがこじれてしまうことが多くなります。また期待通りの減額が得られなかった場合にはその後も厳しい返済環境で生活を続けていかなければならないこともあります。この点に関しては司法書士や弁護士といった専門家の力を借りた上でいかにうまく話し合いを行っていくことができるかが重要になってきます。

※借金返済や生活の為の融資は日本政策金融公庫ではできません。借金でお悩みの方は、まずは融資の前に「過払い金」がないかを調べる事からスタートしましょう。下記から借金がゼロにならないか?過払い金はないか?無料診断ができます。
債務整理無料診断シミュレーター

任意整理の体験談

私が一番最初に作ったカードはJCBカードで、キャッシングの利用限度額は5万円、ショッピングの限度額は20万でした。限度額いっぱいまで借りたあと、新たにセゾンカードを作り、それも枠を使い切って、そのあとは消費者金融であるアコム、プロミス、アイフルと次々と契約していって借入総額は250万円ほどになってしまいました。

JCBカードだけだった頃は、キャッシングを利用限度額の5万円まで借りて、翌月にまとめて返していましたが、クレジットカードと消費者金融のカードローンで債務が250万円を超えた頃は、毎月11万円から12万円程度の返済が必要でした。私が契約した頃はまだグレーゾーン金利が違法という判断ではなかったので利率は平均で25パーセントぐらいありました。

クレジットカードだけ持っていた頃は、生活費の穴埋めにキャッシングをしていたのですが、やがて仕事の失敗、収入が少ないことによるストレスでパチンコに手を出してしまい、キャッシングはほとんどパチンコのために行うようになりました。仕事はやめて毎日、朝から晩までパチンコを打つようになり、大勝ちするときもありましたが、一週間で40万円負けたこともあります。

持っているカードの債務がすべて利用限度額まで達してしまい、増枠を申請してもすべて断られました。借りたお金で返済するというサイクルが当たり前になっていたので、増枠ができない時点で完全に詰んだといえます。一円も返済できないという状況でなにが起こるのか怖くなり、インターネットで検索して任意整理という手段があることを知りました。

任意整理は働いていないと無理と聞いていたので、頼む前にまず仕事を見つけました。そのあと、司法書士に手続きを頼んだのですが、その翌日ぐらいから督促の電話がぴたりとなくなって、貸金業者からの手紙も届かなくなりました。督促のプレッシャーは半端なかったので、これだけで頼んで本当によかったと思います。毎月の返済額は9万円程度まで下がり、パチンコもやめて、なんとか返すことができました。

パチンコを始める前に感じていたストレスは尋常ではなく、パチンコで現実逃避をできなかったら、とんでもない選択をしていたかもしれないので、お金を借りてでものめり込んだことに対しては仕方ないと思うし、借りられたのはよかったと思います。ただ、そのあとは仕事をやめたので仕事に関するプレッシャーはなくなっていたのに、パチンコを打ちたいがために借金を繰り返すという状態になってしまいました。

振り返れば、あれは依存症といえる状態で、そうなる前に自覚して治療できていたら債務整理をするまで追い込まれなかったでしょうし、もっと早くにお金を貯められて生活再建ができたでしょう。

※借金返済や生活の為の融資は日本政策金融公庫ではできません。借金でお悩みの方は、まずは融資の前に「過払い金」がないかを調べる事からスタートしましょう。
下記から借金がゼロにならないか?過払い金はないか?無料診断ができます。
債務整理無料診断シミュレーター

銀行融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」をご存知ですか?

「売掛金」がある方のための新しい資金調達方法で、銀行返済の条件変更中(リスケジュール)でも赤字決算、債務超過でも、担保不動産、保証人がなくても利用可能です。 利用条件は2つ。
  • 事業資金専用のサービスであること(生活費や教育ローンには利用できません。)
  • 100万円以上の売掛金が必要であること
売掛金をお持ちで急な事業資金を調達する場合はこちら(まずは10秒カンタン無料診断)
 

※資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。

事業計画書作成でお悩みのあなたへ

実際に融資のおりた事業計画書例25パック実際に融資のおりた事業計画書例25パック

当パックは、実際に日本政策金融公庫や制度融資(信用保証協会付融資)から融資がおりた事業計画書25例を同封しております。

「どのような事業計画書を作成すれば良いかわからない」
「事業計画書を作成したことがない」

これから日本政策金融公庫融資や信用保証協会付融資をお考えの方のお役に立てれば幸いです。

少人数私募債発行を契機に2,000万円の融資を引き出した話

少人数私募債発行を契機に2,000万円の融資を引き出した話資金調達は何も銀行融資や日本政策金融公庫融資だけではありません。直接金融と呼ばれる少人数私募債の発行によっても可能なのです。実はウチのお客様で私募債発行の実績を認められて2,000万円の融資を低利で借入出来たケースもございます。

詳しくはこちら → 私募債活用で金融機関の信用を得て2,000万円の融資を引き出した会社
ページの先頭へ

事務所・プロフィール写真

行政書士法人 Withness(ウィズネス)
代表者 代表社員 行政書士 渡邉 徳人
所在地 〒862-0971 熊本県熊本市新大江1丁目7-45
    (ハローワーク前/駐車場あり)
MAIL:info@1-kigyou.com
営業時間 10時~18時まで 土日祝日休み

powered by 行政書士アシストブログ