日本政策金融公庫(国民生活金融公庫)、制度融資(信用保証協会付融資)等の公的融資支援、資金調達、事業計画書なら、行政書士法人WITHNESS

日本政策金融公庫融資支援ドットコム > 借金・ヤミ金の無料相談

借金・ヤミ金の無料相談

借金返済や生活の為の融資は日本政策金融公庫ではできませんし、借入返済の為の借入では物事の本質は解決できません。

借金やヤミ金問題を解決するためには、弁護士や司法書士などの専門家に依頼する必要があります。

ただ、こうした専門家にもいろいろな人がいるので、依頼先を選ばなければなりません。適当に選ぶと、手続きがスムーズに進まなかったり親身になってもらえなかったり、中には返ってくるはずの過払い金に手をつける業者だっています。

今回は、借金やヤミ金問題で悩んだときに絶対知っておいてほしい、専門家の選び方を弁護士自ら紹介します。(以下、ある弁護士の先生に執筆頂きました。)

1.借金問題に専門的に取り組んでいる

まずは、借金問題に専門的に取り組んでいることが重要です。

弁護士や司法書士というと、誰でも借金問題を取り扱っていると思うかもしれませんが、実際にはそうではありません。

弁護士には、借金問題の他にも交通事故や離婚、遺産相続や企業法務など、たくさんの業務分野があり、借金問題をほとんど取り扱わない人がいます。

司法書士も、不動産登記や会社設立に力を入れていて、借金問題を扱わない人がいます。

特に司法書士の場合、きちんと研修を受けて認定を受けた「認定司法書士」しか借金問題を扱ってはいけないことになっているので、そもそも借金問題を取り扱うことができない人も多いのです。

そこで、借金問題を相談するときには、任意整理、個人再生、自己破産などの債務整理に積極的に取り組んでいる事務所を選びましょう。

ホームページの内容をチェックして、借金や債務整理に関する説明やコラム記事などが充実しているところに相談を申し込むと良いです。

2.解決実績が高い

借金問題やヤミ金問題を相談するときには、同種分野の解決実績が高い事務所を選びましょう。これまでどのくらいの期間、借金問題に取り組んできたのか、どのくらい解決実績数があるのかなど、ホームページに書いてあることがあるので、参考にすると良いでしょう。

3.親身になってくれる

次に、専門家に相談したときの対応も重要です。

どんなに実績が高い事務所でも、実際に相談に行ってみると、冷たくあしらわれたり、きちんと説明をしてくれなかったりする場合もあります。質問をしても、聞いてくれないこともあるでしょう。

借金問題を抱えている人は精神的にも参っていることが多いので、なるべく親身になって話を聞いてくれる専門家を選びましょう。

4.説明がわかりやすい

相談を受けるとき、専門家の説明がわかりやすいかどうかも重要です。

難しい言葉を並べられて何を言っているのかわからない人に依頼すると、手続き進行中に「今、手続きがどの辺で、何が起こっているのか、この後どうなるのか」などがわからず、不安になってしまいます。

自分が望まない方向に話が進められてしまうおそれもあります。

そこで、専門家を選ぶときには、相談を受けたときのアドバイス内容が明確でわかりやすい事務所を選びましょう。

5.費用がリーズナブル

借金問題やヤミ金問題の解決のためには、費用がかかるものです。

あまりに費用が高いと用意することもできません。

ただし、費用は安ければ良いというものでもありません。

安くても、サービスが悪ければ意味が無いからです。

「相場と比べて安いけれどもサービスの質は良い」という、リーズナブルな事務所を探しましょう。

いくつかの事務所から見積もりをとって、もっとも対応が良く費用も安いところを選ぶと良いでしょう。

借金問題対応の専門家

6.ヤミ金の場合、ヤミ金に専門的に対応している

ヤミ金問題を依頼するときには、他の借金問題とは異なる対策が必要です。

ヤミ金問題を扱っている事務所は、通常の債務整理を扱っている事務所より大幅に少ないからです。

「債務整理専門」などと書かれていても、普通の法律事務所や法務事務所では、ヤミ金の相談を受け付けてもらえないことが多いです。

たとえ受け付けてもらっても、対応がスムーズに進まず、解決につながりにくいです。

闇金問題を依頼するときには「ヤミ金に専門で取り組んでいる」ことを明らかにしている事務所を探しましょう。

ホームページに「ヤミ金はお任せ下さい」「闇金専門弁護士(司法書士)」などと書いてある事務所を選ぶと間違いないです。

ヤミ金問題対応の専門家

銀行融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」をご存知ですか?

「売掛金」がある方のための新しい資金調達方法で、銀行返済の条件変更中(リスケジュール)でも赤字決算、債務超過でも、担保不動産、保証人がなくても利用可能です。 利用条件は2つ。
  • 事業資金専用のサービスであること(生活費や教育ローンには利用できません。)
  • 100万円以上の売掛金が必要であること
売掛金をお持ちで急な事業資金を調達する場合はこちら(まずは10秒カンタン無料診断)
 

※資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。

事業計画書作成でお悩みのあなたへ

実際に融資のおりた事業計画書例25パック実際に融資のおりた事業計画書例25パック

当パックは、実際に日本政策金融公庫や制度融資(信用保証協会付融資)から融資がおりた事業計画書25例を同封しております。

「どのような事業計画書を作成すれば良いかわからない」
「事業計画書を作成したことがない」

これから日本政策金融公庫融資や信用保証協会付融資をお考えの方のお役に立てれば幸いです。

少人数私募債発行を契機に2,000万円の融資を引き出した話

少人数私募債発行を契機に2,000万円の融資を引き出した話資金調達は何も銀行融資や日本政策金融公庫融資だけではありません。直接金融と呼ばれる少人数私募債の発行によっても可能なのです。実はウチのお客様で私募債発行の実績を認められて2,000万円の融資を低利で借入出来たケースもございます。

詳しくはこちら → 私募債活用で金融機関の信用を得て2,000万円の融資を引き出した会社
ページの先頭へ

事務所・プロフィール写真

行政書士法人 Withness(ウィズネス)
代表者 代表社員 行政書士 渡邉 徳人
所在地 〒862-0971 熊本県熊本市新大江1丁目7-45
    (ハローワーク前/駐車場あり)
MAIL:info@1-kigyou.com
営業時間 10時~18時まで 土日祝日休み

powered by 行政書士アシストブログ