日本政策金融公庫(国民生活金融公庫)、制度融資(信用保証協会付融資)等の公的融資支援、資金調達、事業計画書なら、行政書士法人WITHNESS

日本政策金融公庫融資支援ドットコム > 業務日誌 > 無担保で3000万円の融資は下りるのか?

無担保で3000万円の融資は下りるのか?

2017/10/11

今回は私自身でやってみたシリーズを書いていきたいと思います。

この記事を書いている2017年10月11日現在では、まだ3000万円の融資申請の申し込みをしただけの段階です。

ここから結果どうなっていくのか?本当に3000万円満額を不動産担保の提供なしで借りられるのか?それともセオリー通り減額されて数百万円の融資で終わるのかを実践していき、リアルタイムで更新したいと思います。

現在の借入残債はゼロ

これまで日本政策金融公庫と制度融資を使って別に経営している2つの会社でトータル1400万円ほど借りましたが、それらは無事に完済しております。

つまり私個人的には与信状態はバッチリ。

問題は今回借入する3つ目の会社の状態と借入希望金額です。

事業規模からすれば今回の会社が一番事業規模が大きいので、3,000万円と一口に言っても事業規模から考えればそこまで大きいものではないと個人的には思っています。

しかし日本政策金融公庫は300万円〜800万円程度がもっと多い融資金額レンジなので、弊社の場合も不動産担保なしなら減額されるでしょう。(先に予防線を張ってみる笑)

とはいえ、自分の案件だったら減額されようと気楽なものです。

今回はある意味テスト的な面もありますので、人柱となって皆さんとシェアできればと思っています。

今回提出した書類

  • 借入申込書
  • 企業概要書
  • 履歴事項全部証明書(関連会社2社のもの含む)
  • 最近2期分の決算書・確定申告書(別表一(一))・勘定科目明細(関連会社2社のもの含む)

今回は設備資金は必要ないので見積書は付けませんでした。

今後(来週あたり)、追加書類の連絡と面談日時が書面で送られてくる予定です。

10月20日、書類提出9日後に面談日時の連絡が届く

公庫の面談日時の連絡は必ず書面でされます。当日追加で持ってくる書類と共に連絡がきます。
具体的にはこうしたペラ紙一枚です。
 

 

  • 確定申告書及び決算書(勘定科目明細書含む)の控え原本
  • 会社の預金通帳(普通、定期、積立)及び代表者個人の動きがある通帳6ヶ月分以上のもの
  • 法人税・消費税・源泉所得税6ヶ月分の領収書
  • 固定資産税課税証明書及び固定資産税の領収書(代表者個人名義分含む)
  • 不動産賃貸借契約書及び家賃の領収書(代表者個人自宅分含む)
  • 身分証明書(運転免許証、パスポート、在留カード、特別永住者証明書)

面談日時は10月25日となりました。(書類提出時に、事前にある程度日時の希望を出すことが可能です。)

いよいよ次は一番重要な面談の場となります。

10月25日、融資面談に行ってきました。

さて、本日面談に行ってきました。久々の融資面談でしたが、担当も比較的年配の方で淡々と質問頂き、質問に対して淡々と答えていきました。

事業も数字も把握している私からするとスラスラ答えられる内容ばかりで特に大きな波もなく、1時間程度で終わりました。

ちょっとビックリしたのは、預金通帳をだいたい公庫の面談の際には持っていくのですが、会社でメインで使っているのは楽天銀行なんですよね。

で、今年1月1日以降の取引明細をプリントアウトして持って行ったのですが、確認の為に、「今この場でログインして取引を見せてください」と。

え?

今この場で?ログインして?なんで?

プリントアウトした書類が本当の取引であるか確認するため???

ちょっとビックリしたのですが、別に渋ることでもないのでスマホでログイン・・・・しようとすると、楽天銀行の法人口座はスマホからはログインできないとのこと・・・・・しかし、こんなこともあろうかとパソコンも持ってきてたのでことなきを得ました。

まさか面談の席で口座にアクセスするよう求められるとは思いませんでした。

一通り話して、別途追加書類をFAXするよう求められて面談は終了となりました。

面談終了間際に「今回は3000万円と額も大きいので、減額になるかもしれませんがそれは大丈夫ですか?」と。

「よっし」

心の中でそうつぶやきました。これは大体融資が下りる時の決まり文句です。

融資は出します。あとは金額の問題ですね、ということでしょう。

まあ私も素人ではないので、無担保で3000万円の融資が下りるとは思っていません。

7掛けとして2000万くらいか?

いや、これまでの経験上、やはり1000万円を超えると不動産担保を・・・というのはよくあるケースでしたので1000万円程度まで減額されるかもしれません。

まあ今回の融資申請はある意味テスト的な意味合いもありますので別に1000万円でもいいんですけど。

11月2日事務所訪問

初めての借入の場合には公庫の担当者が必ず会社視察にきます。スタッフの人数や活気、営業状況などを見るためですが、まあすぐ帰りますので実際は「きちんと存在しているのか?」の確認と言えるでしょう。

早い時は面談が終わってちょっと寄り道して事務所に戻ると既に公庫担当者が来ている時なんかもありますが、今回は面談日から1週間と1日。東京は案件が多いからすぐには来れないということか。

これまでの経験上、ちょっと遅いなと感じましたが特に急ぎ融資を必要としているわけでもないのでじっくり待ちます。さて、ここから最終決定に動いていくと思われますが、1週間程度で結果通知となるんでしょうか。

結果は書面で届くので、結果が出たらまたこのページで報告致します。

11月15日融資可否の連絡がキター!

 
届きました。面談から20日、事務所訪問から13日。うーん、ちょっと回答が遅かったような気がするが・・・ベリベリと封を開ける。

 

 
結果は、「1,500万円、年利1.81%」

月々30万円の50回払い返済です。うーむ、さすがに無担保&保証人1名での3,000万円は無理筋かと思っていましたが、まあ7掛けで2,000万円くらいはいけるんじゃないかなあ〜と甘く考えていたのですが、希望金額の半分でしたね。

実際私がお手伝いしてきた案件でも1,000円を超える融資に関しては不動産担保を求められることが多かったので、不動産担保を出さずに1,500万円ならまあ良しとしましょうかね。お客様案件ではなく自分の案件だったこともあって、事業計画書すら出しませんでしたからね(笑)

しかしウチの場合は半分今回のネタの為に3,000万円で申請しましたけど、本当に必要な人は困るだろうなあ・・・・

と、いうことで、タイトルも「3,000万円」と入れているわけですので、これから制度融資にもチャレンジしたいと思います。

信用保証協会付融資で1,500万同額引っ張れば3,000万円になりますよね。もちろん無担保で申請しますよ。

融資可決定後に必要な書類一覧

  1. 借用証書
  2. 法人の印鑑証明書
  3. 個人(連帯保証人)の印鑑証明書
  4. 送金先口座の預金通帳表紙及び見開き1ページ目のコピー
  5. 収入印紙
  6. 預金口座振替利用届

上記書類を提出後、3営業日程度で指定口座に送金されます。

ご丁寧にお客様控えも2通入っていました。
 

 

11月16日、制度融資の申請に向けて始動

実は、公庫だけで3000万円満額はさすがにないだろうなと考えていたので、制度融資の書類をもらいに「東京信用金庫」には一度足を運んでいました。

制度融資の書類は東京の信用保証協会ではもらえないんですよね。各金融機関でもらうことになります。

そしてここで問題が発生なんですが、ウチの会社は本社を名古屋で登記しているんです。これの何が問題かというと、本店もしくは支店がないとその地域の地銀や信用金庫、信用組合なんかは利用できないんですよね。

公庫の次は制度融資を見据えていたので、6万円をかけて東京事務所を支店登記しました。ちなみに弊社で販売しているこちらの支店設置キットをそのまま使いました。

5分で書類作成が完了し、サクッと登記申請→1週間程度で完了。

というわけで、本日は書類作成です。

信用保証協会付融資に必要な書類

  1. 信用保証委託申込書
  2. 信用保証委託契約書
  3. 個人情報の取扱いに関する同意書
  4. 2期分の確定申告書
  5. オフィスの賃貸借契約書
  6. 法人の印鑑証明書

ここまでを作成。企業概要書も必要になるのですが、こんなもんは公庫の際に作ったもんを使い回しです。わざわざ所定のフォーマットに改めて書く必要性なし!(横着ですが、項目ほぼ一緒ですし、ただの二度手間ですので・・・)

12月1日、書類提出

前回の書類作成から2週間くらい空いてしまいました。出張と会社実印が手元にないため、無駄に郵送で書類をやり取りしてから、押印をしたりしていたら提出が遅くなりました。

提出した今日この日、信用金庫の担当の方が事務所の実態調査ということでオフィスにいらっしゃいました。これから審査は進むようです。

はてさて、いつ次の連絡があることやら。公庫から借りたばかりであることもあって、「融資下りないかも」と楔を打たれましたが、まあこちとら下りないなら別に下りないで良いんですけどね。

逆に、オタクはそれでいいの?って感じです。

12月6日、制度融資の面談日の連絡がある

12月15日の午後に面談をとの日時連絡と、当日用意して欲しい書類等の連絡がありました。公庫と違って信用金庫からは電話連絡です。

個人が用意する書類

  • 運転免許書(原本)とコピー
  • 個人の実印
  • 自宅の番地を教えて欲しい

会社の方で用意する書類

  • 許認可証
  • 直近2期分の決算書原本
  • 直近2期分の帳簿
  • 直近の数字が分かる試算表
  • オフィスの賃貸契約書
  • 日本政策金融公庫の返済予定表
  • 銀行の通帳
  • メイン銀行の口座にログインして当日見せて欲しい
  • 事業契約書(取引先との契約書)を見せて、取引の流れを説明して欲しい

上記のような内容でした。

12月7日、日本政策金融公庫から入金あり

出張が重なったり、書類の不備があったり、郵送やり取りで11月15日にはOKが来ていた日本政策金融公庫からの融資金がようやく7日に振り込まれました。

※クリックで拡大します。

元々何かの支払いとかに焦って受けた融資ではないので、のんびりしちゃいましたね(笑)。

通常は不備なくさっと書類提出をすれば、3営業日で振り込まれます。

(続く)

※借金返済や生活の為の融資は日本政策金融公庫では絶対におりません。借金減額や過払い金、サラ金・ヤミ金対応に関しては、こちらから専門家にご相談ください。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

銀行融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」をご存知ですか?

「売掛金」がある方のための新しい資金調達方法で、銀行返済の条件変更中(リスケジュール)でも赤字決算、債務超過でも、担保不動産、保証人がなくても利用可能です。 利用条件は2つ。
  • 事業資金専用のサービスであること(生活費や教育ローンには利用できません。)
  • 100万円以上の売掛金が必要であること
売掛金をお持ちで急な事業資金を調達する場合はこちら(まずは10秒カンタン無料診断)
 

※資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。

法人経営者・個人事業主向け民間ビジネスローンなら

事業者向けローンなら公共機関に並ぶ安心感のオリックスVIPローンカードBUSINESSを検討しましょう。

急な資金需要にお応えする最短即日審査というスピード力や用途に応じて最大500万まで対応可能な契約コース、業界トップクラスの低金利6.0~17.8%による借入が可能になります。

事業者向けのカードローンであるビジネスローンは非常に使いやすく、手軽に融資を受けることができる方法として近年広まっています。

ビジネスローンの主なメリットは、「銀行融資に比べて審査通過率が高い」「無担保・保証人なし」「ATMでいつでもどこでも借入可」「数日で借りれる」といったものがあります。

一方で銀行融資はしっかりとした目的(新規事業や設備投資、仕入れ、つなぎ融資など)がないと融資が下りることはありません。銀行融資と比較しながらビジネスローンのメリットと審査を通すポイントにフォーカスし、融資をうまく活用してより事業を繁栄させるための一歩を踏み出しましょう。


売掛金がない。公的融資を申請している時間もないという方へ

事業者向けビジネスローンビジネクストが選ばれる4つのメリットとは?

  • 年会費・補償料無料
  • 保証人・担保不要
  • 使用用途自由
  • お申し込みからご融資まで来店不要
ご融資額は1万~1000万円となります。毎月の返済額が自動で計算できます。

事業拡大・決算時などのまとまった資金ニーズに、一時的なつなぎ資金にご活用ください。

事業計画書作成でお悩みのあなたへ

実際に融資のおりた事業計画書例25パック実際に融資のおりた事業計画書例25パック

当パックは、実際に日本政策金融公庫や制度融資(信用保証協会付融資)から融資がおりた事業計画書25例を同封しております。

「どのような事業計画書を作成すれば良いかわからない」
「事業計画書を作成したことがない」

これから日本政策金融公庫融資や信用保証協会付融資をお考えの方のお役に立てれば幸いです。

少人数私募債発行を契機に2,000万円の融資を引き出した話

少人数私募債発行を契機に2,000万円の融資を引き出した話資金調達は何も銀行融資や日本政策金融公庫融資だけではありません。直接金融と呼ばれる少人数私募債の発行によっても可能なのです。実はウチのお客様で私募債発行の実績を認められて2,000万円の融資を低利で借入出来たケースもございます。

詳しくはこちら → 私募債活用で金融機関の信用を得て2,000万円の融資を引き出した会社
ページの先頭へ

事務所・プロフィール写真

行政書士法人 Withness(ウィズネス)
代表者 代表社員 行政書士 渡邉 徳人
所在地 〒862-0971 熊本県熊本市新大江1丁目7-45
    (ハローワーク前/駐車場あり)
MAIL:info@1-kigyou.com
営業時間 10時~18時まで 土日祝日休み

powered by 行政書士アシストブログ