日本政策金融公庫(国民生活金融公庫)、制度融資(信用保証協会付融資)等の公的融資支援、資金調達、事業計画書なら、行政書士法人WITHNESS

日本政策金融公庫融資支援ドットコム > 業務日誌 > 私自身も借りてみました。

私自身も借りてみました。

2008/12/15

先日、東京から熊本までご相談に来て頂いたお客様の案件に取り組んでおります。

このお客様は記帳を全くやっていないという事で、ウチのスタッフに丸2日かけて、9か月分の記帳をしてもらい、帳簿があがったので、その後、僕の方で丸一日かけて事業計画書作成でした。

うむ、良いものができた。やはり毎月の会計記帳をきちんと行い、試算表や資金繰り表を作成すると事業計画も具体的で現実に即したものが作れます。

試算表や資金繰り表どころか、日々の記帳すらしていない事業者さんも多々見られますが、そのような状況では公的融資はなかなかおりませんし、税務会計上も問題大アリです。記帳と試算表、資金繰り表作成は必ず行うようにしましょう。

本日は久留米でラーメン屋さん開業を目指しているお客様から、300万円満額で融資がおりたとの喜びの声を頂きました。(一度ご自身で申請されて、日本政策金融公庫に断られたのですが、当事務所で事業計画書を策定しなおして満額通りまりました。)

まだお若い店主さんですが、これから是非とも頑張って頂きたいと思います。

こちらのお客様もわざわざ県外からご来所・ご相談頂いたお客様ですが、希望通り融資が通って何よりです。今度食べに行ってみたいと思います。

さて、実は先日、当事務所の方でもお付き合いの意味も込めて、公的融資である制度融資(信用保証協会付融資)を近くの金融機関で申込みました。申し込みから1週間程度で第三者保証人無しで200万円満額のOKが出ました。(早くてビックリです。)

信用保証協会は、業績(決算書)次第で保証料率を9段階にわけて定めているのですが、弊社は幸い業績を評価して頂き、最も有利な「9」にての借入が可能とのことで、保証料率0.5%ということでした。(しかも、熊本市が半分負担してくれるので、実質0.25%!)

金利も固定の2%です。やはりこの利率で固定で借りられるのが公的融資の強みですね。

ウチの事務所には公的融資による資金調達の相談が毎日届き、何には切羽詰った案件も非常に多いのですが、実は私自身は公的融資や資金繰りで困った経験自体は実はここまではありません。

融資と言うのは、今は必要なくても、今後経営をしていく上で危機が訪れた時にいつでも融資してもらえるように、与信を作っておく事が大切だと考えます。

今は特に建設業、不動産業の方はかなりの苦戦を強いられております。金融機関側は、「新規の建設業者・不動産業者には貸さない」というスタンスがかなり強いので、取引実績がない業者さんはドンドン潰れているようです。

こういう時に思うんですよね。

借入をして実績を作っておけばよかった・・・」と。

でもほとんどの人はそのピンチが訪れなければ、わからないものです。

民間金融機関のプロパーはもとより、公的融資にしたって慈善事業ではありませんので、切羽詰ってから慌てても遅いわけです。

ゆとりある時にほんのちょっと手間とわずか金利コストで「実績」「信用」コツコツを作るのか、ボケーっと過すのか。この差は上手くいっているときには大したことないのですが、ピンチが迫った時に雲泥の差となります。

「絶対借金はしたくないんです!」という人に限って、1~3%で借りられる公的融資を利用せず、ピンチが訪れ、切羽詰って結局10%超えのビジネスローンやそれ以上の金利払って消費者金融に手を出します。

過大な負債はNGですが、負債額や自己資本比率を気にしながら、与信向上や事業戦略の為に借入を行うことは、事業経営において、ごく自然な行為です。公的融資を上手く活用して、健全で安定した経営を目指していきたいものです。

※借金返済や生活の為の融資は日本政策金融公庫では絶対におりません。借金減額や過払い金、サラ金・ヤミ金対応に関しては、こちらから専門家にご相談ください。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

銀行融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」をご存知ですか?

「売掛金」がある方のための新しい資金調達方法で、銀行返済の条件変更中(リスケジュール)でも赤字決算、債務超過でも、担保不動産、保証人がなくても利用可能です。 利用条件は2つ。
  • 事業資金専用のサービスであること(生活費や教育ローンには利用できません。)
  • 100万円以上の売掛金が必要であること
売掛金をお持ちで急な事業資金を調達する場合はこちら(まずは10秒カンタン無料診断)
 

※資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。

法人経営者・個人事業主向け民間ビジネスローンなら

事業者向けローンなら公共機関に並ぶ安心感のオリックスVIPローンカードBUSINESSを検討しましょう。

急な資金需要にお応えする最短即日審査というスピード力や用途に応じて最大500万まで対応可能な契約コース、業界トップクラスの低金利6.0~17.8%による借入が可能になります。

事業者向けのカードローンであるビジネスローンは非常に使いやすく、手軽に融資を受けることができる方法として近年広まっています。

ビジネスローンの主なメリットは、「銀行融資に比べて審査通過率が高い」「無担保・保証人なし」「ATMでいつでもどこでも借入可」「数日で借りれる」といったものがあります。

一方で銀行融資はしっかりとした目的(新規事業や設備投資、仕入れ、つなぎ融資など)がないと融資が下りることはありません。銀行融資と比較しながらビジネスローンのメリットと審査を通すポイントにフォーカスし、融資をうまく活用してより事業を繁栄させるための一歩を踏み出しましょう。


売掛金がない。公的融資を申請している時間もないという方へ

事業者向けビジネスローンビジネクストが選ばれる4つのメリットとは?

  • 年会費・補償料無料
  • 保証人・担保不要
  • 使用用途自由
  • お申し込みからご融資まで来店不要
ご融資額は1万~1000万円となります。毎月の返済額が自動で計算できます。

事業拡大・決算時などのまとまった資金ニーズに、一時的なつなぎ資金にご活用ください。

事業計画書作成でお悩みのあなたへ

実際に融資のおりた事業計画書例25パック実際に融資のおりた事業計画書例25パック

当パックは、実際に日本政策金融公庫や制度融資(信用保証協会付融資)から融資がおりた事業計画書25例を同封しております。

「どのような事業計画書を作成すれば良いかわからない」
「事業計画書を作成したことがない」

これから日本政策金融公庫融資や信用保証協会付融資をお考えの方のお役に立てれば幸いです。

少人数私募債発行を契機に2,000万円の融資を引き出した話

少人数私募債発行を契機に2,000万円の融資を引き出した話資金調達は何も銀行融資や日本政策金融公庫融資だけではありません。直接金融と呼ばれる少人数私募債の発行によっても可能なのです。実はウチのお客様で私募債発行の実績を認められて2,000万円の融資を低利で借入出来たケースもございます。

詳しくはこちら → 私募債活用で金融機関の信用を得て2,000万円の融資を引き出した会社
ページの先頭へ

事務所・プロフィール写真

行政書士法人 Withness(ウィズネス)
代表者 代表社員 行政書士 渡邉 徳人
所在地 〒862-0971 熊本県熊本市新大江1丁目7-45
    (ハローワーク前/駐車場あり)
MAIL:info@1-kigyou.com
営業時間 10時~18時まで 土日祝日休み

powered by 行政書士アシストブログ