日本政策金融公庫(国民生活金融公庫)、制度融資(信用保証協会付融資)等の公的融資支援、資金調達、事業計画書なら、行政書士法人WITHNESS

必要な資金と調達方法

事業計画書作成にあたり、日本政策金融公庫でも、信用保証協会付融資(制度融資)でも必ず聞かれる部分がこの「必要な資金と調達方法」になります。

必要な資金

日本政策金融公庫等の公的融資機関のみならず、金融機関は「資金使途」についてしっかりとヒアリングをした上で、融資判断を行います。

「何のために」
「どのくらい必要で」
「どうやって調達するのか」

この3点が明確に答えられない方は融資を受けることは不可能です。

よく「借りられるだけ借りたい」と仰る方がいらっしゃいますが、そんな事を口走ると融資はおりませんのでご注意下さい。

資金使途が「設備」の場合には、必ず全て見積書を取っておく必要があります。元々見積書は提出の必要がある書類ですが、見積書を添付することで、「何のために」「どのくらい必要」という部分がかなりクリアーになります。

まずは、仕入先や購入予定先から正確な見積書を出してもらい、その金額と整合性が取れるように事業計画書にも記載して下さい。

※尚、実際に融資がおりた後、購入時になって見積書と異なる金額で設備を購入しても特に問題はありません。(例:見積書では、100万円だったものの、実際に購入した時には80万円だった場合など。但し、あまりにも見積もり金額と実際の購入金額に開きがある場合には、担当者からの指摘が入る事があります。)

設備投資は見積書で、そして運転資金は事業計画を練ることで、大体どの程度の開業資金が必要になるのかはわかると思います。借入申込金額は具体的な数字で示す必要がありますので、必ず合計金額を提示するようにして下さい。

必要な資金は「何となく・・・」ではなく、必ず根拠に基づいていなければ圧縮対象、若しくは融資不可の判断となりますので十分ご注意下さい。

調達方法

次に調達方法ですが、基本的には、下記4方法しかありません。

  1. 自己資金
  2. 親・兄弟・知人からの借入
  3. 日本政策金融公庫からの借入
  4. 他の金融機関からの借入

日本政策金融公庫から融資を受ける場合、3番目の欄をいくらにするか?ということになります。

例えば、必要な資金が900万円として、自己資金が300万円、親からの借入が100万円としたら、日本政策金融公庫からの借入は最低でも500万円となります。(制度融資を併用する場合で、既にそちらからの融資が200万円おりているとしたら、日本政策金融公庫からの借入金額は300万円となります。)

「必要な資金」と「調達の方法」に関しては、少なくともイコールか、「必要な資金」<「調達の方法」という関係になっていないと、事業計画が立ち上がらないということになります。必要な資金の方が多くなっており、「調達方法」側の金額が少なくて指摘される方もいらっしゃいますが、そのような凡ミスをしないようご注意下さい。

銀行融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」をご存知ですか?

「売掛金」がある方のための新しい資金調達方法で、銀行返済の条件変更中(リスケジュール)でも赤字決算、債務超過でも、担保不動産、保証人がなくても利用可能です。 利用条件は2つ。
  • 事業資金専用のサービスであること(生活費や教育ローンには利用できません。)
  • 100万円以上の売掛金が必要であること
売掛金をお持ちで急な事業資金を調達する場合はこちら(まずは10秒カンタン無料診断)
 

※資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。

法人経営者・個人事業主向け民間ビジネスローンなら

事業者向けローンなら公共機関に並ぶ安心感のオリックスVIPローンカードBUSINESSを検討しましょう。

急な資金需要にお応えする最短即日審査というスピード力や用途に応じて最大500万まで対応可能な契約コース、業界トップクラスの低金利6.0~17.8%による借入が可能になります。

事業者向けのカードローンであるビジネスローンは非常に使いやすく、手軽に融資を受けることができる方法として近年広まっています。

ビジネスローンの主なメリットは、「銀行融資に比べて審査通過率が高い」「無担保・保証人なし」「ATMでいつでもどこでも借入可」「数日で借りれる」といったものがあります。

一方で銀行融資はしっかりとした目的(新規事業や設備投資、仕入れ、つなぎ融資など)がないと融資が下りることはありません。銀行融資と比較しながらビジネスローンのメリットと審査を通すポイントにフォーカスし、融資をうまく活用してより事業を繁栄させるための一歩を踏み出しましょう。

事業計画書作成でお悩みのあなたへ

実際に融資のおりた事業計画書例25パック実際に融資のおりた事業計画書例25パック

当パックは、実際に日本政策金融公庫や制度融資(信用保証協会付融資)から融資がおりた事業計画書25例を同封しております。

「どのような事業計画書を作成すれば良いかわからない」
「事業計画書を作成したことがない」

これから日本政策金融公庫融資や信用保証協会付融資をお考えの方のお役に立てれば幸いです。

少人数私募債発行を契機に2,000万円の融資を引き出した話

少人数私募債発行を契機に2,000万円の融資を引き出した話資金調達は何も銀行融資や日本政策金融公庫融資だけではありません。直接金融と呼ばれる少人数私募債の発行によっても可能なのです。実はウチのお客様で私募債発行の実績を認められて2,000万円の融資を低利で借入出来たケースもございます。

詳しくはこちら → 私募債活用で金融機関の信用を得て2,000万円の融資を引き出した会社
ページの先頭へ

事務所・プロフィール写真

行政書士法人 Withness(ウィズネス)
代表者 代表社員 行政書士 渡邉 徳人
所在地 〒862-0971 熊本県熊本市新大江1丁目7-45
    (ハローワーク前/駐車場あり)
MAIL:info@1-kigyou.com
営業時間 10時~18時まで 土日祝日休み

powered by 行政書士アシストブログ