日本政策金融公庫(国民生活金融公庫)、制度融資(信用保証協会付融資)等の公的融資支援、資金調達、事業計画書なら、行政書士法人WITHNESS

融資圧縮時の対処法

【融資金額を圧縮された時のことを考えておく】

これは、日本政策金融公庫からのからの融資を受ける上で、必ず頭の中に入れておかねばならないことです。

他の金融機関に比べると比較的審査が甘く、融資がおりやすいと言われる日本政策金融公庫ですが、実は申込金額が満額おりることは稀です。

日本政策金融公庫は、あなたが借りたい金額を貸すのではなく、あなたの事業に必要な金額を貸せる範囲で貸すのです。

多くの融資申請者は、「申込金額満額借りれるもの」として事業計画を立て、金額が圧縮された時のことなど何も考えていませんが、過大な融資申請は必ず圧縮の対象となります。

特に、設備投資の為の資金は資金使途及び金額が明確ですので、運転資金に比べ融資がおりやすい項目ではありますが、その反面、どうしても金額が大きくなりがちですので、圧縮の対象にもなりやすい項目でもあります。

例えば、車両3台分を必要設備投資金額として計上していても、「はじめは車両2台からはじめてはどうですか?」と日本政策金融公庫の担当者に諭されることが多くあります。これは日本政策金融公庫の基本的な考え方として、「小さく始めて大きく育てる」という考えがあるためです。

この融資実行金額の交渉は、面談で粘って交渉したとしても、簡単に覆るものではありません。その設備資金がなぜ必要であることを一生懸命アピールすることは大切ですが、先方としても貸せない金額は貸せないのです。

従って、本当は3台分の車両が事業計画上必要だけど、2台分しか融資できないと言われた際の対策としては、

2台購入 + 1台リース(或いは分割購入)

ということを提示することが効果的です。

なぜなら、車両3台が必要であるという当初の事業計画を崩すことなく(せいぜい毎月のリース料か分割払金が数万円増えるのみ)、日本政策金融公庫の貸し出しできる金額内でおさめることが可能だからです。

リースや分割にすると金利が高くなるので嫌がる方は多くいらっしゃいますが、融資が無理なものは無理ですので、計画を切り替えることが大切です。ちなみに、私が事業計画書を作成する場合には、下記のような文章を添えておきます。

================

公庫の方で借入希望金額が大き過ぎると判断される場合には、車両1台分を分割払いにて購入・支払をしていくことも検討しております。その場合、毎月の運転資金の経費分が多少増えることにはなりますが、現在の事業計画上の利益から十分賄っていけるものと考えております。

================

日本政策金融公庫の担当者としても

万一圧縮された時のこともきちんと考えているんだな

と判断し、例えば800万円は無理でも、500万円は融資できるという判断に至ります。

100%自分の希望する融資がおりる保証などないわけですから、圧縮された時の対応を考えておくということこそが、公的融資申請に当たっての正しい対応を言えます。

柔軟な事業計画を立て、「○○の場合には××する」という対策は常に考えておくようにしましょう。

※借金返済や生活の為の融資は日本政策金融公庫ではできません。借金でお悩みの方は、まずは融資の前に「過払い金」がないかを調べる事からスタートしましょう。
下記から借金がゼロにならないか?過払い金はないか?無料診断ができます。
債務整理無料診断シミュレーター

銀行融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」をご存知ですか?

「売掛金」がある方のための新しい資金調達方法で、銀行返済の条件変更中(リスケジュール)でも赤字決算、債務超過でも、担保不動産、保証人がなくても利用可能です。 利用条件は2つ。
  • 事業資金専用のサービスであること(生活費や教育ローンには利用できません。)
  • 100万円以上の売掛金が必要であること
売掛金をお持ちで急な事業資金を調達する場合はこちら(まずは10秒カンタン無料診断)
 

※資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。

事業計画書作成でお悩みのあなたへ

実際に融資のおりた事業計画書例25パック実際に融資のおりた事業計画書例25パック

当パックは、実際に日本政策金融公庫や制度融資(信用保証協会付融資)から融資がおりた事業計画書25例を同封しております。

「どのような事業計画書を作成すれば良いかわからない」
「事業計画書を作成したことがない」

これから日本政策金融公庫融資や信用保証協会付融資をお考えの方のお役に立てれば幸いです。

少人数私募債発行を契機に2,000万円の融資を引き出した話

少人数私募債発行を契機に2,000万円の融資を引き出した話資金調達は何も銀行融資や日本政策金融公庫融資だけではありません。直接金融と呼ばれる少人数私募債の発行によっても可能なのです。実はウチのお客様で私募債発行の実績を認められて2,000万円の融資を低利で借入出来たケースもございます。

詳しくはこちら → 私募債活用で金融機関の信用を得て2,000万円の融資を引き出した会社
ページの先頭へ

事務所・プロフィール写真

行政書士法人 Withness(ウィズネス)
代表者 代表社員 行政書士 渡邉 徳人
所在地 〒862-0971 熊本県熊本市新大江1丁目7-45
    (ハローワーク前/駐車場あり)
MAIL:info@1-kigyou.com
営業時間 10時~18時まで 土日祝日休み

powered by 行政書士アシストブログ