日本政策金融公庫(国民生活金融公庫)、制度融資(信用保証協会付融資)等の公的融資支援、資金調達、事業計画書なら、行政書士法人WITHNESS

自己資金について

新規開業者に対して、日本政策金融公庫が最も重視するポイントはこの「自己資金」です。

仮に自己資金が全くの「0」で融資を申込むとしたら、よほど有望な事業計画があるか、連帯保証人や担保が用意できるようでなければ正直厳しいでしょう。

「自己資金がないから融資を受けるんだろ?最初から自己資金があったら苦労しねーよ!」

と思われる方もいらっしゃるでしょう。でもそれは完全に誤った考え方なのです。

なぜ自己資金が最重要視されるのでしょうか?

簡単に言うと、自己資金の額を見ることで、事業主のお金に関する姿勢や開業への熱意、努力と言った重要な部分が見えてくるのです。

例を挙げてみましょう。

毎月25万円の給料をもらっているAさん。酒・ギャンブル等の無駄遣いは一切しません。生活も切り詰めて質素な暮らしをしています。苦しいながら、毎月5万円ずつの貯金をもう5年間続けています。それもこれも、独立開業の夢を果たす為です。

5年間でようやく300万円を貯めたAさんの元に、現在務めている社長から「独立してみないか?」と勧められました。
Aさんは独立決意し、開業する為に足りないもう300万円を日本政策金融公庫で借りようと、相談に訪れました。

一方のBさん。

給料はAさんと同じ毎月25万円ですが、全てのお金を趣味の競馬につぎ込んでしまいます。Aさんと同じように、将来的な独立開業の夢を持ってはいるものの、どうしても貯蓄する事ができないBさん。そんな折、Bさんの元にも独立話が舞い込んできます。

Bさんは独立の為の資金など1円も持っていませんが、日本政策金融公庫という公的機関で独立開業のお金を借りられると知人から聞いたので、独立に必要な600万円を貸してもらおうと相談に訪れました。

さて、AさんとBさん。

どちらが融資審査に通りやすいか、火を見るより明らかではないでしょうか?

あなただったら、Aさんに300万円貸すのと、Bさんに600万円貸すの、どちらをOKしますか?それが答えです。

 独立開業を考えているくせに自己資金を貯められないというのは、

  • 真剣さが足りない
  • 努力が足りない
  • 計画性が足りない

ということに他なりません。

「俺は資金さえあれば、絶対に成功できるんだ!」

自己資金無く、そういうことを口走る方は結構いらっしゃいますが、典型的な口先だけの人間です。
最低限の自己資金さえ貯められないような人が、なぜ成功なんて出来るものでしょうか?既に最初の段階で資金貯めに失敗しているのですから、口先だけで成功できると叫ばれても誰も相手にしません。

「自己資金をいかに貯めたか?」を突き詰めると、その人のナリや、事業に対する情熱を図る事ができることを日本政策金融公庫の担当者は皆知っています。

だからこそ、自己資金の額と、いかにして貯めたのかという部分に関してはしっかりと把握しようとします。

「毎月の給料を5万円ずつ5年間貯めた」

こんなにも素晴らしいアピールポイントはありません。
自己資金が「ゼロ」だと言う方は、まずは自己資金を貯めることから取り組んでください。

尚、新規開業者及び開業から2期税務申告を終えていない事業者へ無担保無保証で融資をしてくれる新創業融資に関しては、そもそも自己資金の要件がありますので、一定の自己資金が無い方は門前払いです。

(以下、日本政策金融公庫のHPから抜粋)

3 自己資金の要件
 
事業開始前、または事業開始後で税務申告を終えていない場合は、創業資金の3分の1以上の自己資金(注)を確認できる方 (注) 事業に使用される予定のない資金は、本要件における自己資金には含みません。
 

つまり、この制度は、借入金をMAXを1000万円として、自己資金の倍額までしか借りられないということです。

自己資金が300万円としたら借入可能金額は600万円まで。自己資金が400万円としたら借入可能金額は800万円までということです。
 
いずれにしても、自己資金が公的融資借入の際に重要なファクターであることは疑いようがありません。少しでも多くの自己資金を貯めておく努力を日頃から心がけましょう。

自己資金額は通帳を以って確認されます。現金及び通帳に記載の無い不明瞭なお金に関しては自己資金としての評価を受けませんので、貯蓄している自己資金は必ず通帳に記載するようにしましょう。

日本政策金融公庫に並ぶ公的融資である各自治体が斡旋している「制度融資」(信用保証協会付融資)においても、新規開業者向け融資に関しては「自己資金の要件」があります。

いかに自己資金額が重要視されているかお分かり頂けると思います。

銀行融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」をご存知ですか?

「売掛金」がある方のための新しい資金調達方法で、銀行返済の条件変更中(リスケジュール)でも赤字決算、債務超過でも、担保不動産、保証人がなくても利用可能です。 利用条件は2つ。
  • 事業資金専用のサービスであること(生活費や教育ローンには利用できません。)
  • 100万円以上の売掛金が必要であること
売掛金をお持ちで急な事業資金を調達する場合はこちら(まずは10秒カンタン無料診断)
 

※資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。

法人経営者・個人事業主向け民間ビジネスローンなら

事業者向けローンなら公共機関に並ぶ安心感のオリックスVIPローンカードBUSINESSを検討しましょう。

急な資金需要にお応えする最短即日審査というスピード力や用途に応じて最大500万まで対応可能な契約コース、業界トップクラスの低金利6.0~17.8%による借入が可能になります。

事業者向けのカードローンであるビジネスローンは非常に使いやすく、手軽に融資を受けることができる方法として近年広まっています。

ビジネスローンの主なメリットは、「銀行融資に比べて審査通過率が高い」「無担保・保証人なし」「ATMでいつでもどこでも借入可」「数日で借りれる」といったものがあります。

一方で銀行融資はしっかりとした目的(新規事業や設備投資、仕入れ、つなぎ融資など)がないと融資が下りることはありません。銀行融資と比較しながらビジネスローンのメリットと審査を通すポイントにフォーカスし、融資をうまく活用してより事業を繁栄させるための一歩を踏み出しましょう。

事業計画書作成でお悩みのあなたへ

実際に融資のおりた事業計画書例25パック実際に融資のおりた事業計画書例25パック

当パックは、実際に日本政策金融公庫や制度融資(信用保証協会付融資)から融資がおりた事業計画書25例を同封しております。

「どのような事業計画書を作成すれば良いかわからない」
「事業計画書を作成したことがない」

これから日本政策金融公庫融資や信用保証協会付融資をお考えの方のお役に立てれば幸いです。

少人数私募債発行を契機に2,000万円の融資を引き出した話

少人数私募債発行を契機に2,000万円の融資を引き出した話資金調達は何も銀行融資や日本政策金融公庫融資だけではありません。直接金融と呼ばれる少人数私募債の発行によっても可能なのです。実はウチのお客様で私募債発行の実績を認められて2,000万円の融資を低利で借入出来たケースもございます。

詳しくはこちら → 私募債活用で金融機関の信用を得て2,000万円の融資を引き出した会社
ページの先頭へ

事務所・プロフィール写真

行政書士法人 Withness(ウィズネス)
代表者 代表社員 行政書士 渡邉 徳人
所在地 〒862-0971 熊本県熊本市新大江1丁目7-45
    (ハローワーク前/駐車場あり)
MAIL:info@1-kigyou.com
営業時間 10時~18時まで 土日祝日休み

powered by 行政書士アシストブログ