日本政策金融公庫(国民生活金融公庫)、制度融資(信用保証協会付融資)等の公的融資支援、資金調達、事業計画書なら、行政書士法人WITHNESS

HOME » 日本政策金融公庫融資ノウハウ » 借りれる時に借りておく

借りれる時に借りておく

独立開業される方でも、最初から資金調達に興味を持つ方とそうでない方がいらっしゃいます。
当サイトをお読みになっているあなたは当然後者ですね。

しかし中には、当初は自己資金だけで、「とりあえずは」開業できるといった状況であるため、将来的な資金繰りを見通した財務の知識が乏しかったり、或いは無関心である場合が多いようです。

しかし、経営をやっていると、必ずしも調子の良い時ばかりでは ありません。当初は良くても、売上が落ち込み、 資金繰りに困っていざ資金調達を・・・と言う時に借りられない!なんてことも十分あり得ます。

例えば、あなたが自己資金500万円を持っているとします。この自己資金を元に、開業資金として200万~300万程度うぃ借りることは本当に簡単なのです。新規開業者でも無担保無保証、利率3%程度で借りることが可能です。

しかし、自己資金500万円で開業し、その500万円を使い果たして後で困って調達しようとしても、もはや無理でしょう。

借りれる時に借りておいて、コツコツ返済実績を作っておけば、2回目の追加融資は非常に簡単です。

向こうから「借りて下さい。」とお願いされることも少なくありません。(大体返済が半分程度終ると先方から追加融資の案内が届く事が多いようです。)

経営者たるもの、困ってから金策に走るのではなく、はじめから「いつでも借りられる状態を作っておく」ことが大切ではないかと思います。

私は、例え借入不要なクライアントに対してでも、起業当初は日本政策金融公庫から資金調達をすることをお勧めしています。(この場合金額は少額になりますが)

これはクライアント自身の信用作りと、日本政策金融公庫とのお付き合いを通して、2,3年後に比較的簡単に融資を引き出すための戦略からです。

取りあえずは自己資金だけで十分なんだから、3%の金利を支払うのはもったい!

と、考えている方とは、根本的に見ている先が違うのです。目先だけを見るのではなく、より遠い将来を見据えておく必要が開業当初だからこそ、あるのではないかと思っています。

そもそも、

金利3% < 調達したお金が生む利益

の関係になれば借入自体は何の問題もないばかりか、事業経営としてはむしろ良いことなわけで、借入しない人の考えと言うのは、単に、「借金はしたくない」と言う感情的なものなのではないでしょうか。

経営者がそんな感情で動くことは許されないと思います。先を見据えた資金計画をお勧めしたいと思います。

スポンサードリンク

銀行融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」をご存知ですか?

「売掛金」がある方のための新しい資金調達方法で、銀行返済の条件変更中(リスケジュール)でも赤字決算、債務超過でも、担保不動産、保証人がなくても利用可能です。 利用条件は2つ。
  • 事業資金専用のサービスであること(生活費や教育ローンには利用できません。)
  • 100万円以上の売掛金が必要であること
売掛金をお持ちで急な事業資金を調達する場合はこちら(まずは10秒カンタン無料診断)
 

※資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。

事業計画書作成でお悩みのあなたへ

実際に融資のおりた事業計画書例25パック実際に融資のおりた事業計画書例25パック

当パックは、実際に日本政策金融公庫や制度融資(信用保証協会付融資)から融資がおりた事業計画書25例を同封しております。

「どのような事業計画書を作成すれば良いかわからない」
「事業計画書を作成したことがない」

これから日本政策金融公庫融資や信用保証協会付融資をお考えの方のお役に立てれば幸いです。

法人経営者・個人事業主向け民間ローンなら

事業者向けローンなら公共機関に並ぶ安心感のオリックスVIPローンカードBUSINESSを検討しましょう。

急な資金需要にお応えする最短即日審査というスピード力や用途に応じて最大500万まで対応可能な契約コース、業界トップクラスの低金利6.0~17.8%による借入が可能になります。

事業者向けのカードローンであるビジネスローンは非常に使いやすく、手軽に融資を受けることができる方法として近年広まっています。

ビジネスローンの主なメリットは、「銀行融資に比べて審査通過率が高い」「無担保・保証人なし」「ATMでいつでもどこでも借入可」「数日で借りれる」といったものがあります。

一方で銀行融資はしっかりとした目的(新規事業や設備投資、仕入れ、つなぎ融資など)がないと融資が下りることはありません。銀行融資と比較しながらビジネスローンのメリットと審査を通すポイントにフォーカスし、融資をうまく活用してより事業を繁栄させるための一歩を踏み出しましょう。

少人数私募債発行を契機に2,000万円の融資を引き出した話

少人数私募債発行を契機に2,000万円の融資を引き出した話資金調達は何も銀行融資や日本政策金融公庫融資だけではありません。直接金融と呼ばれる少人数私募債の発行によっても可能なのです。実はウチのお客様で私募債発行の実績を認められて2,000万円の融資を低利で借入出来たケースもございます。

詳しくはこちら → 私募債活用で金融機関の信用を得て2,000万円の融資を引き出した会社
ページの先頭へ

事務所・プロフィール写真

行政書士法人 Withness(ウィズネス)
代表者 代表社員 行政書士 渡邉 徳人
所在地 〒862-0971 熊本県熊本市新大江1丁目7-45
    (ハローワーク前/駐車場あり)
MAIL:info@1-kigyou.com
営業時間 10時~18時まで 土日祝日休み

powered by 行政書士アシストブログ